中国の複数のSNSサイトには国家2級保護動物指定のセンザンコウを食べている写真が掲載された。このような野蛮で法的にも違反する行為に対し、中国の数多くのネットユーザーから反対や厳しく非難する声が上がっている。

写真拡大

中国の複数のSNSサイトには国家2級保護動物指定のセンザンコウを食べている写真が掲載された。このような野蛮で法的にも違反する行為に対し、中国の数多くのネットユーザーから反対や厳しく非難する声が上がっている。

【その他の写真】

北京で開催中の全国両会(全国人民代表大会・全国人民政治協商会議)では、多くの代表委員が、「違法行為撲滅の強化」を呼びかけた。人民代表大会代表を務める河南省宝豊県法院の朱正栩・副院長は、「国家保護の対象となっている野生動物を食用とする現象は、その法意識の欠如が主な原因。動物を捕獲する者や取引する者は、法律を無視して暴利を貪ろうとしている。このような現象が後を絶たないのは、粛清するための有効な手段がなく、野生動物保護担当部門の法執行力が不十分なためだ」と指摘した。

同じく人民代表大会代表を務める陝西省宝鶏市金台区検察院の周喜玲・検察長は、「野生動物保護法を大々的にPRして、国民に対して、食用を目的として野生動物を違法に捕獲、売買、購入した者は、刑法違反として責任が追及されることを広く知らしめる必要がある。中国の刑法では、国家重点保護の対象となっている希少絶滅危惧動物を殺した者、あるいはそれらの希少絶滅危惧動物またはその製品を違法に購入、輸送、販売した者は、最高で10年以上の有期懲役に科せられる」と述べた。

また「根本的な問題解決が必要だ。対象動物の違法な捕獲・殺害、売買などの違法取引については、市場での入手から食用のための違法取引にいたるまで、販売の連鎖に打撃を与えなければならない」と周検察長は続けた。

野生動物の保護は、早くから中国の法体系に組み入れられており、細分化と改善が繰り返されてきた。1989年に施行された「中華人民共和国野生動物保護法」では、国家重点保護野生動物の捕獲と殺害が禁じられている。2017年1月1日に施行された改正版「野生動物保護法」では、「食用を目的として、国家が重点保護の対象としている野生動物および関連製品を違法に購入することを禁じる」という条文が新たに組み入れられた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)