ドラマ『奪い愛、冬』よりドロドロ!? “略奪婚”びっくり度ランキング

写真拡大

 ドロドロな恋愛模様を描いたドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)。深夜時間帯に4人が繰り広げる略奪愛模様が話題になりました。

 ドラマならドロドロも客観的に楽しめますが、現実になると笑えない出来事に。今回女子SPA!では、略奪結婚をしたと報じられている芸能人をピックアップ。30代女性を対象に、「意外だ」「略奪婚だとは知らなかった」と感じる人を調査しました(※)。

===============
“略奪婚”と聞いて意外! と感じる人は?(複数回答可)

10位 PUFFY 大貫亜美・GLAY TERU 17.5%
9位 野村克也・野村沙知代 18%
8位 沢田研二・田中裕子 19.5%
7位 松田聖子・慶応大学准教授の歯科医師 21%
   「週刊新潮」(2012.06.21発売)で報道
6位 安藤優子・TVプロデューサー 22.5%
5位 愛川欽也・うつみ宮土理 23%
4位 鳩山由紀夫元首相・鳩山幸 24%
===============

 旬な芸能情報なら記憶にあるけど数年、ましてや数十年前の出来事は若い年代には知られていないもの。意外な略奪婚として名前が挙がった面々は、ちょっと前の出来事も多いようです。

 5位に上がったキンキン・ケロンパこと愛川欽也・うつみ宮土理夫妻。おしどり夫婦として知られた二人でしたが、こちらも略奪婚でした。愛川欽也が前妻と離婚した翌日に二人は入籍しました。晩年には、キンキンの愛人も話題に。うつみ宮土理は怒るでもなく「かっこいい」と擁護したのは話題になりましたね。

 4位の鳩山由紀夫(2013年に友紀夫に改名)元首相の略奪婚は1975年のこと。今からなんと41年も前の出来事です。鳩山元首相が留学先でお世話になっていたのが幸夫人の元夫。なんとお世話になっていた人の奥さんと駆け落ちして結婚してしまったそうです。2009年、首相に就任したときにも、この略奪愛が週刊誌をにぎわせていましたね。

◆同率2位 糸井重里・樋口可南子 24.5%

 ソフトバンクのCMの優しいお母さんのイメージが強い樋口可南子ですが、当時、妻子がいた糸井重里との不倫密会報道がされた際、

「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです」

と、記者に向かって発言しています。この報道があったのが1982年、その11年後の1993年に二人は結婚しました。

◆同率2位 ミスターチルドレン桜井和寿・吉野美佳 24.5%

 吉野美佳は元グラドルでギリギリガールズというユニットに参加していました。すでに妻子がいたミスチル桜井と不倫の末、結婚したのが2000年のこと。

 桜井の前妻というのが、売れない時代も桜井を支え続けていたというトイズファクトリー(Mr.Childrenの所属するレコード会社)の元社員。売れたとたんに支えてくれた女性とサヨウナラって、よく聞くパターンですよね。

◆1位 松田優作・松田美由紀 25.5%

 2位の松田優作・松田美由紀夫妻は、共演をきっかけに不倫の末の結婚。当時、美由紀夫人は高校生! しかも人妻でした。なかなか強烈なダブル不倫ですね。2人の間には、俳優の松田龍平、松田翔太、ミュージシャンのYukiと3人の子供がいます。

 おしどり夫婦や人気の女優俳優と言われる人たちも、聖人君子のように正しい恋愛・結婚だけをしているわけじゃないんですね。とはいえ、彼らは成功しているから優しい目で見てもらえているのかも。ゴシップとして楽しませてもらっていますが、中にはイメージダウンしている人も少なくないので、略奪はほどほどに。

※【調査概要】
調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(30代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2017年2月18日〜2月19日
有効回答者数:30代女性200名

<TEXT/山田朝子>