『外国人』って肩書きにダマされないで!クズ男は世界中どこにでもいます【国際恋愛のABC】

写真拡大

 昨今、外国人と恋愛するチャンスって意外とあるんです。メタル好きが高じてアメリカへ留学した「めがめたるさん」も、現地で知り合ったアメリカ人と遠距離恋愛ののち結婚。在米歴9年の彼女が見た、国際恋愛の作法とは…。

===============

 国際結婚をしていると、国際恋愛中の日本人女子たちから相談を受けることも時折あります。大半は日本人同士との恋愛トークとほぼ変わりありませんが、中には「え? それはおかしいでしょ!」というような男の話を聞くことも…。

「君に会いたいから日本までの飛行機代を出してくれない?」と平気で言ってくる男や、

 自分で勝手に日本に来ておいて「会いに来たんだから、ホテル代や食事代は全部君持ちね!」と言い、帰国後すぐに音信不通になる男、

 英語(または彼の国の言語)が分からないと思って彼女の目の前で彼女の悪口を言う男…。

 しかもこういう男共は、相手を彼女だと思っておらず、セフレ扱いしている人が多い気がします。

◆日本人女性はもっと自信を持った方がいい!

 アメリカに住んでいる私に言わせると、日本人の女性はお洒落で綺麗な人が多く、まさにお・も・て・な・しの細やかな心遣いが出来る人が沢山いて、世界中でモテるのもうなずける! と帰国する度にホレボレする位。

 本当、日本人女性はもっと自信を持った方がいい! あなた達すんごい魅力的だから!(同様に、アメリカに住んでいると日本人男性の素敵さもたくさん見えてきます。話がそれますので、この話はまた別の機会に)

 そんな素敵な女性たちが、ただのクズとしか思えない男に引っかかっているのを見ると、同じ女性として心が痛くなります。

◆「これは許せる」「これは許せない」という線引きをハッキリと

 例えば上記の「飛行機代出して男」の話も、毎回彼が会いに来てくれるから今回は航空券をプレゼントしよう、または代わりに何か美味しいものをご馳走しよう、などお互いが納得している形なら全く問題はないのですが、

 もしどちらか一方が金銭的や精神的に無理している関係なら、国際恋愛でも日本人同士の恋愛でも関係なく、そんな人とは付き合わない方がいいです。

 相手が外国人だと「文化の違いかも」「全く違う価値観の元、育ってきた人だから…」「この人の国ではこれが普通かもしれない」と思ってしまいがちですが、

 国の違いは関係なく、不誠実な人間は世界中どこにでもいる、ということをしっかり頭に入れておきましょう。また、自分の中で「これは許せる」「これは許せない」という線引きをハッキリしておくことも必要だと思います。

 …と長々書いてしまいましたが、もちろん皆が皆こうではありませんよ。「日本人女性はすぐダマされる」と思っているカン違いクズヤローが存在していることも事実ですが、誠実で奥さんや彼女一筋の素敵な外国人男性も本当にたくさんいます。

 もしも、国際恋愛中の彼の行動に「おや?」と思ったら、文化の違いだから…と考えずに、国籍関係なく、一人の人としてその行動はどうなのか、ということを考えてみることをおすすめします。

<絵と文/めがめたる>

【めがめたる】
イラストレーター/ブロガー/日本語教師/Heavy Metal Enthusiast ヘヴィメタル好きが高じてアメリカに留学し、現地で知り合ったアメリカ人と結婚。夫との暮らしを描いたブログ『彼と日本語と私』とメタラーの孤独っぷりをまとめた『メタリ子生活帳』を更新中。