社会人には禁断の恋がいっぱいですが、その中の一つが取引先との恋。

仕事上の関係が崩れることを思うと、好きになってもなかなか前に進めませんよね……。

とはいえ、社内の代わり映えのないメンツにもそろそろ飽きてくるアラサー世代。

取引先の男性を落としにいっちゃってもいいのではないでしょうか?

今回は取引先の人を落とす5つのステップをご紹介します。

 

■相手の会社を好きになる

「彼の会社を好きになるといいよ!自分の会社に好感持ってくれる人には皆好意的だから。会社の話で盛り上がれるから話も弾むようになると思うよ。」(28歳/旅行)

話を盛り上げたいのなら、相手が興味のある話題をふるのが一番です。

彼の会社の話なら彼も楽しく話せること間違いなし。

彼の会社を好きになって、色々質問してみてはいかがでしょう?

 

■相手との仕事で成果を出す

「やっぱり現状はビジネスパートナーなんだから一緒に取り組んでいる仕事で成果を出すのがイイと思う。結果が出ていれば彼もそこに注力するから接点が増えて仲良くなれる!」(32歳/メーカー)

仕事の縁で会った人ですから仕事を大切にする姿勢はマスト。恋にかまけてビジネスを疎かにしては相手に不信感を与えてしまいます。やることはきちんとやって成果を上げましょう。結果が出れば、次も一緒に……!となりやすいですし、仲良くもなりやすいですよ!

 

■「仕事の相談を…」とランチに誘う

「客先の人ってなかなか誘いにくいけど、“仕事の相談を……”って言えばOKもらいやすいよ。私は午前中にアポ入れてその流れでランチでも〜って言って上手いこと落としたことある!」(30歳/損保)

一緒に仕事した後の流れでのランチなら、相手も構えなくて済みますもんね!

改まって誘うよりずっと成功率が高そうです。

サクッとランチに行っちゃいましょう!

急にプライベート感を出すと引かれてしまうので、まずは仕事の話中心でね。

 

■「たまには飲みでも〜」と飲みに誘う

「ランチがコンスタントに行けるような間柄になったら、飲みに誘うのもアリかな。夜ならプライベートのことも話題にしやすいから距離もグッと縮まる。恋愛話もして、相手の好を聞くべし。」(35歳/製薬)

ランチで関係が温まってきたなら、飲みに誘っちゃいましょう! ここまできたら、相手も多少なりともあなたと仲良くなる気はあるはず。プライベートトーク解禁です。

楽しく飲んじゃいましょう。相手の好きなタイプや価値観などをリサーチして彼好みの女性になれれば恋人になれる日はすぐそこですよ!

 

好きになっちゃった……。でも諦めなきゃ!

いえいえ。諦めなくてイイんです。折角の恋だから大切にしましょう?

徐々にアプローチしていけば万が一うまくいかなくても気まずくならずに済むはず。

節度を持ちながら、少しずつ距離を縮めていきましょう。応援しています。

【画像】

※ ArtemZ/shutterstock

【関連記事】

※ 結婚してよかった!将来「いいパパになる」男の見極め方

※ 「一生守ってやる!」男に本気で愛される女性の特徴

※ うわっ、たまんねぇ〜!男子をドキッとさせる小悪魔級エロテク

※ 男子がメロメロになる「癒し系女子」になるためのコツ

※ 察してくれ!彼が密かに発している「今日エッチしたくない」のサイン

※ これぞ理想!男性が「疲れているとき」に彼女にしてほしいこ