チャーリー・ハナムが主人公を演じる (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 「シャーロック・ホームズ」シリーズや「コードネーム U.N.C.L.E.」を手がけたガイ・リッチー監督と「パシフィック・リム」の人気俳優チャーリー・ハナムが組んだアクション「キング・アーサー レジェンド・オブ・ザ・ソード(原題)」が、「キング・アーサー 聖剣無双」の邦題で6月17日に公開されることが決定した。

 中世の騎士道物語「アーサー王物語」を基に、王の息子でありながら両親を殺され、スラム暮らしを強いられる青年アーサー(ハナム)が、伝説の聖剣エクスカリバーを引き抜いて王の資質を証明し、王座奪還に向けて立ち上がるさまをアクション満載で描く。魔術を駆使し、王国に君臨する暴君ヴォーティガンを「シャーロック・ホームズ」のジュード・ロウが演じるほか、「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」のアストリッド・ベルジェ=フリスベ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジャイモン・フンスー、「ダークナイト ライジング」「シング・ストリート 未来へのうた」のエイダン・ギレン、「トロイ」「ローン・サバイバー」のエリック・バナらが顔をそろえた。

 特別映像も公開され、15秒と短い時間ながらソードバトル、魔法、クリーチャーといった本作の特徴を凝縮した内容となっている。ハナムが鍛え上げた肉体を披露し、ダイナミックなアクションに挑んでいるほか、ロウが眼光鋭く前方を見つめる姿が収められている。リッチー監督らしいキレのあるカメラワークも健在で、アーサーと敵のバトルがダイナミックに映し出されている。

 「キング・アーサー 聖剣無双」は、6月17日から全国公開。