画像

写真拡大 (全5枚)

 筋トレやランニングは己との孤独な戦いです。Netflixではトレーニングを頑張る人を応援するデバイスを発表しました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

●キャンペーン概要

 時期:2017年
 国名:USA
 企業/ブランド:Netflix
 業種:インターネット

■孤独なトレーニングも、これなら続けられる?

 定額制動画配信サービスを手掛ける米Netflix(以下、ネットフリックス)より、日々の健康のためのトレーニングをサポートする装置が発表されました。

 ランニングや筋トレをする際、音楽を聞いたりテレビを観たりする人は多いですよね。そこに着目したネットフリックスが開発したのが、同社制作の人気番組やドラマの登場人物の声でトレーニングを応援してくれるデバイス、その名も「Netflix Personal Trainer」。

 スマホほどの大きさの装置には加速度センサー、Bluetooth、充電機能、マイクなどが内蔵されていて、あらかじめ目標とする運動の強度や数値を登録したうえで、これを身につけて運動すると「頑張れ!行くんだ!」といった具合に励ましてくれるのです。

 またドラマを見ながら運動する場合には、ランニングマシンのスクリーンと連動させることで、疲れて立ち止まったり休憩した際に自動的に番組を一時停止してくれます。続きを観たければまた走らなければならないので、自然と頑張れるというわけですね。

 ワークアウトのモチベーションを上げてくれるこのグッズですが、実売はされておらず、ユーザー自身が手作りすることを呼び掛けています。

 ネットフリックスではこれまでにも「うたた寝を感知し番組を一時停止してくれるソックス」や、「快適なNetflixタイムを一瞬でアレンジする装置・THE SWITCH」など、広くPRを目的に、ユーザーから募集した遊び心溢れる画期的なDIYシリーズを次々と発表しており、今回はその最新作。

 製作には、はんだごてを使った接合や、プログラミングなどかなり高度な技術が必要とのことですが、作り方の説明とFAQは専用ページからダウンロードできますので、腕に自信のある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

●動画はこちら

 

●先週の紹介キャンペーン

 軽い“タップ”が更なる暴力の引き金に……Instagramのストーリー機能を使ったDV防止啓発施策

 記事転載元:AdGang

山田 健介(株式会社PR TIMES)[著]