ロボットが受付「変なホテル舞浜 東京ベイ」(千葉県浦安市)

写真拡大 (全2枚)

 長崎県のハウステンボスにてロボットが接客して話題の「変なホテル」。その2号施設「変なホテル舞浜 東京ベイ」が3月15日、千葉県浦安市に開業した。最寄り駅がJR舞浜駅ということもあり、運営するエイチ・アイ・エスが期待するのは、「東京ディズニーリゾート(TDR)」を訪れる宿泊客の取り込みだ。

 TDR周辺には、ディズニーの公式・公認ホテルを含めて多くのホテルが点在しているが、利用目的に応じた“カテゴリー戦争”はますます激化している。ホテル評論家の瀧澤信秋氏がレポートする。

 * * *
「変なホテル舞浜 東京ベイ」が開業した。変なホテルといえば、フロントでのチェックイン作業や手荷物を運ぶ業務などでロボットが活躍するホテルとして、ハウステンボスではすっかり名所となった。

 2号施設の舞浜でも、客室に設置された卵型ロボットに話しかけると空調や照明操作を行なうなど、ユニークで便利な仕掛けが数多く用意され、早くも注目の的となっている。このロボットが働くホテルのターゲットはもちろんTDRのゲストだ。

 TDRと周辺ホテルのイメージは、シーズンによる変動は見られるが、1泊3〜4万、中には6万円もするようなデラックスなフルサービスタイプだが、変なホテルのように1万円台からの低価格で利用できる宿泊特化型の開業も相次いでいる。

 2016年6月に開業した「東京ディズニーセレブレーションホテル」も宿泊特化型。エリア外の立地とはいえ、低料金でディズニーの世界が満喫できるホテルステイと好評を博す。

 もともとTDRの公式・公認ホテルには4つのカテゴリーがある。詳述は避けるがカテゴリーに応じて受けられる宿泊者特典が異なる。

 最高ランクと言われるのがTDR直営オフィシャルホテルの“ディズニーホテル”だ。「ディズニーアンバサダーホテル」「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」「東京ディズニーランドホテル」と名高いデラックスタイプの3ホテル。そこに、低廉な料金の東京ディズニーセレブレーションホテル(バリュータイプ)も新たに加わった。

 ディズニーホテルに次ぐカテゴリーが“オフィシャルホテル”。直営ではないがTDRのエリア内に立地するホテルで、外資系・内資系さまざまなホテルが揃う。

 オフィシャルに次ぐのが“パートナーホテル”でTDRエリア外となるが浦安市内に立地するホテルのことを指す。その他、“グッドネイバーホテル”は、主に東京23区内も含めたTDR近隣地区に立地するホテル。いずれも概してデラックスなホテルであるが、この4カテゴリーは立地によるカテゴライズともいえる。

 新規開業のホテルにおいて宿泊特化型が目立つ中、既存のデラックスホテルでも増室が進められている。オフィシャルホテルの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」では、2016年12月に“PARK WING”棟を開業、TDRエリアでは初の1000室を超える規模となった。

 浦安市全体でみても2020年に向けて多くのホテル開業が予定されているが、デラックスというよりはカジュアルなサービスをイメージした宿泊主体型ホテルが目立つ。

 2019年に新浦安地区で開業予定の「ハイアットプレイス東京ベイ」はハイアット日本初進出のブランド。ハイアットといえばラグジュアリーなフルサービスのイメージであるが、ハイアットプレイスはゲストが受けたいサービスを選ぶ“セレクトサービス”のコンセプトを掲げている。

 では、肝心の客室稼働率はどうだろう。ホテル業界では、TDRとその周辺ホテル群は堅固な稼働率を誇ることで知られている。利用者からすれば予約が取れないホテルということだ。それは課題とされているキャンセル料の授受をみても分かる。

 例えば、一般的なホテルでは3日前からキャンセル料が発生すると規定されていても、3日前どころか当日キャンセルでも請求しないケースは多い。予約時のクレジットカードで決済処理か、予約申込金を受領できればよいが、それには至っていないといわれる。

 一方、ディズニーホテルの強さを表しているのが、2016年4月からスタートした申込金制度。直営のディズニーホテル予約時に宿泊代金の一部を支払うというもの。申込金は宿泊料金の一部として取り扱われるが、規定日以降のキャンセルは否応なく“没収”だ。

 申込金の設定は、1室1滞在につきデラックスタイプで3万円、バリュータイプで1万5000円という設定。キャンセル料も一般のホテルで3日前からというケースが多い中で、ディズニーホテルは14日前からと、ある意味でホテル業界の理想。強気のホテル運営といえよう。

 そんな絶対的な人気を誇る直営ホテルに、オフィシャルホテルやパートナーホテルはどう挑んでいるのか。

 前述のオフィシャルホテル、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルでは、PARK WING棟に「ドッグ・ラバーズ・スイート」を新設。愛犬と一緒に宿泊したいというゲストのニーズに応える。愛犬連れのファミリーには嬉しいサービスであるが、TDRのゲストをターゲットにするホテルでは“子ども目線”が殊に重要だ。

 パートナーホテルである「オリエンタルホテル 東京ベイ」は、ベビー・キッズ連れファミリーにコアなリピーターの多いデラックスホテル。中でもママの声から生まれたという11階、12階に注目したい。

 11階「ベビーズスイート」は赤ちゃんと安心して過ごせる仕掛けがたくさん。12階「キディスイート」は遊びざかりキッズも楽しめる。子ども目線が意識されたゲスト専用サロンも充実。子連れ旅行にやさしいホテルコンセプトで訴求する。繁閑差はあるが概して高稼働を維持しているという。

 オリエンタルホテルは、舞浜駅から1駅離れた新浦安駅が最寄りで、決して恵まれているとはいえない立地。しかし、「1駅離れているとはいえ駅直結という立地は、広大なエリアに点在するエリア内のホテルよりも実は利便性が高い」と総支配人の森山真也氏は言う。

 修学旅行などの団体客が現地で解散、各自電車でホテルへ戻るスタイルは定番だという。団体バス要らずの上、1駅で直結であれば生徒も迷うことなく戻れるだろう。もちろんホテルからパークへの無料シャトルバスも頻繁に運行している。

 デラックス感のあるホテルが定番だったTDRと周辺ホテルであったが、サービスを割り切った宿泊に特化するホテル、サービスをゲストがセレクトするホテル、新たなコンセプトを打ち出す既存ホテルなどまさにカテゴリー合戦は激化している。

 2020年へ向けのますます注目のTDRと周辺ホテル。訪日外国人客の増加やLCC・格安高速バスといった低廉なアクセス手段の向上など多様化するゲスト。多彩なニーズは新たなホテルやサービスが生み出される契機でもある。