「THEカラオケ★バトル」コンサートの出演陣/(C)テレビ東京

写真拡大

2月18日に、東京・府中の森芸術劇場で「THEカラオケ★バトルコンサートIN東京」が行われ、RiRiKA、翠千賀、つるの剛士、宮本美季、城南海、佐々木麻衣、角田龍一、鈴木杏奈、堀優衣、繁田美貴アナが出演した。

【写真を見る】同番組の顔・城南海も熱唱/(C)テレビ東京

まずは“涙ジェンヌ”RiRiKAが登場し、目をうるませながら披露した竹内まりやの「駅」からスタート。続いて翠千賀、つるの剛士が得意曲を披露し、会場は美しい歌声に包まれる。

2人1組で点数を競い合う「デュエットバトル」のコーナーでは、堀優衣&角田龍一ペアがアラジンの曲「A Whole New World」を、佐々木麻衣&鈴木杏奈ペアが川中美幸の「二輪草」を、城南海&翠千賀のアダルトペアがカズンの「冬のファンタジー」を披露。

つるのに「大人チーム、負けられないね!」とエールを送るが、結果は佐々木&鈴木ペアがなんと昼の部から連続で100点をたたき出し、見事な勝利を遂げた。

優勝した2人は練習はまったくしておらず、コンサート当日が初めてのデュエットということもあり、出演者から客席まで会場にいた全員を驚かせた。

バトルの後には“U-18四天王”の佐々木麻衣、角田龍一、鈴木杏奈、堀優衣が1曲ずつ熱唱。

そして中高生に負けじと、宮本美季、城南海が続いて美声を響かせる。コンサートの終わりには番組のオリジナル曲「Over and Over〜夢は終わらない〜」を出演者全員で歌唱し、美しいハーモニーで観客を魅了しながら幕を閉じた。

また、彼らの勇姿は本日放送の「THEカラオケ★バトル 春のグランプリ4時間スペシャル」(夜6.55-10.48ほか、テレビ東京系ほか)でも見ることができる。プロ・アマ・U-18が垣根を越えて繰り広げる、熾烈(しれつ)なバトルは必見だ。