3月30日(木)放送の「ザ・タイムショック 新クイズ王決定戦SP2017春」で、MC・中山秀征の相棒に大下容子アナが就任!/(C)テレビ朝日

写真拡大

3月30日(木)夜7時から「ザ・タイムショック 新クイズ王決定戦SP2017春」(テレビ朝日系)が放送される。

【写真を見る】カズレーザーら新世代のクイズ猛者が宮崎美子ら“レジェンド”たちに挑む!/(C)テレビ朝日

1969年1月に誕生し、ほぼ半世紀にわたって愛されてきた同番組が、2014年9月以来約3年ぶりに復活。MCはおなじみの中山秀征に加え、大下容子アナウンサーが“新相棒”に就任した。

中山は「今回、大下さんと初めてご一緒させていただきましたが、どんな場面でも見事に収めていただける。さすがの安定感、皆さんに愛されている理由がよく分かりました」と絶賛。

一方、大下アナは「中山さんが全てを包み込んで盛り上げていただき、クイズの大黒柱としてグイグイ引っ張ってくださいました。今世紀に入っての『タイムショック』は全て中山さんが率いていらっしゃるので、私も安心して収録させていただきました」と明かした。

また、今回からタイムショックセットを使った新クイズが登場。孤独な戦いが代名詞となっていた「タイムショック」だが、2人同時に椅子が上がる新セットで、ガチンコのタイマン勝負要素を追加し、1分という時間&孤独との戦いに一騎打ちという緊張感が新たに加わった。

大下アナは「対戦型のタイムショックは初めてで、見ていてワクワクしました。小さい頃からの正統派クイズ番組が『タイムショック』ですが、その良さを生かしつつも新たな試みもあり、本当に王道のクイズ番組だとあらためて感激しました」と語った。

一回戦は2ショット対戦シートを使っての対戦型。久々に椅子に座った宮崎美子は「新車の匂いがします。以前と椅子から見える景色も違いますね」と余裕を見せながらも、気持ちを引き締めた。

“レジェンド組”に対して初出場のカズレーザーは椅子の上昇に「高い、怖っ!」とこわばった表情に。同じく初出演のSexy Zone・菊池風磨も「ライブより7倍緊張します」と戦々恐々。

一方、オリエンタルラジオの中田敦彦の実弟・FISHBOYは、中田も出場経験はあるが優勝経験はないと聞かされ、「優勝すれば兄を越えますね!“兄越え”を狙います」と優勝宣言をした。

この「タイムショック」の放送がなかった約3年の間に、芸能界にはカズレーザーなど新たなクイズ王が続々と誕生。そんな新クイズ王たちが、宮崎、やくみつる、辰巳琢郎らレジェンドクイズ王たちと頭脳を競い合う。

そして、一回戦から注目の若手とレジェンドの対決が実現することもあり、驚きの“下克上”の可能性も。新旧、個性豊かな回答者がどんな組み合わせで対戦し、どんな結果を残すのか注目だ。

中山は「椅子の位置も高くなり、解答者の皆さんも恐怖感があるとおっしゃっていました。僕も以前、椅子に座ったことがあるんですが、座っただけで緊張するんです。皆さんが椅子に座って解答していることを思うと、それだけしのぎを削っているんだと。僕がもし解答するようなことがあったら、すぐに椅子が回ると思います」と笑いを誘った。

宮崎、やく、そしてカズレーザーら24人の解答者は、予選の「24人同一問題タイムショック」から1回戦「2人同時タイムショック」、2回戦「映像ジャンル・タイムショック」、3回戦「2人同時 エンドレスタイムショック」と各クイズステージで生き残りを掛けた壮絶なサバイバル戦を繰り広げる。

中山は「今回、解答者24人中14人が初登場なんです。カズレーザー君、パンサー向井(慧)君のお笑い界からだけでなく、スポーツ界から武井壮君、アイドル界から菊池君、長濱(ねる)さんと幅広いジャンルから集まっていただきました。

そんな初登場組が宮崎さん、辰巳さん、やくさんといった強豪にどう立ち向かって、どういう結果になるのか、これも見どころですね」とアピールした。