新しい日本語学校を開くには、何が必要だろうか?(写真はイメージ)


 中国に渡ってからの15年間、留学から起業に至るまでの道のりを振り返っている。

【第1回】「中国語ができないと猫柄のタオルを買わされる」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48280)
【第2回】「少林寺でいきなりスカウトされた中国語武者修行の旅」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48426)
【第3回】「『出口どこ!?』ウイグルの砂漠で死ぬかと思った話」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48609)
【第4回】「日本語を学ぶ夜のお姉さん、意欲も服もすごかった」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48934)
【第5回】「『ええっ?これ?』 中国の消防士、目が点に」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49149)

 中国での留学生活の終わりに、日本語学校で働くことを選んだ自分。授業にも慣れてきて順調にも思えたが、やはりそんな安定は長く続かないのだった。

日本語の先生のその後

 日本語学校で働いていた僕は、その後、何とか授業にも慣れてたくさんの授業をこなすことができるようになっていった。幸いなことに、学生から苦情が出るようなこともなく、脱落する学生もあまりいない授業をできるようになったことは、素直にうれしかった。

 学校で日本語を教えている先生は、いろいろな人がいた。日本人の場合は、僕のように留学した後に就職した人、駐在員の奥さんでアルバイトとしてやっている人、なんだか分からないけどもう上海に何年もいる人、アルバイトをしに来ている留学生などいろいろだった。

 中国人の先生の場合は逆に、ほとんどの人が昼間は別の仕事をしていて、夜にアルバイトで先生をしている人が多かったと思う。中国の場合、本職以外に副業があるというのはあまり珍しいことではないし、授業は夜の6時から始まってだいたい10時までなので、本業が終わってから授業に来ることができる。

 そのときは何も思わなかったが、今実際に自分が会社を経営する立場になってみると、自分の会社の社員が副業で夜遅くまで働いているとしたら、翌日ちゃんと仕事してくれるのか心配になる。勤務中にボーっとしていたり、寝ていたりする社員を見かけると、ひょっとして副業をしてるんじゃないのと疑ってしまう。

 その後約1年の間、日本語学校で先生をやっていたのだが、授業に慣れるに従って、準備→授業→準備→授業という無限ループに飽きてきたこともあり、退職しようかなと思うようになった。

 そのときも、留学終了時と同じで選択肢は2つ。1つは日本へ帰って仕事を探す、2つ目は中国に残って別の就職先を探すことだ。当時、日本の景気はますます悪くなっていた。また、相変わらずの保留癖という僕の欠点が遺憾なく発揮されれば、順当に考えれば選択するのは今の日本語学校にそのまま残ることだったはずだった。

 だが、予想外の展開が発生する。なぜか新しい日本語学校の立ち上げに参加することになったのだ。

 いつになく積極的に物事に関わっていったことの成果が、給料が今までの5分の1になってしまうことだったとは、このときはさすがに予想だにしなかった。

新しい日本語学校の立ち上げ

 その話はもともと、僕が働いていた日本語学校で同僚だった中国人の先生から持ち込まれた話だった。

 この人は、先生はあくまで副業で、本業は不動産開発会社の社長だった。といっても巨大なデベロッパーというのではなくて、いわゆるデベロッパーの下請けでマンションの建設業務を請け負う会社の社長さんで、もらった名刺には「董事長兼総経理」と書かれてあった。中国語の肩書きと日本語の肩書きはうまく対応しないが、無理矢理合わせてみると「代表取締役社長」というところだと思う。

 その先生(仮に張さんとしておく)とはそれまで特に親しいというわけではなく、たまに先生同士の食事会で話をする程度の仲だった。比較的警戒心の少ない僕も、さすがに最初にこの誘いを受けたときは絶対に怪しいと感じたので、即答でお断りした。

 だが、その後も張さんの執拗なスカウトは続いた。張さんは、決して値段は高くないけども、それまで食べたことがないようなおいしい中華料理のレストランの個室に僕を引っ張って行き、熱弁をふるった。

 聞いたところによると、張さんは昔、日本に留学していたのだそうだ。それで、そのときはお金を稼ぐために、当時一番儲かった不動産開発の会社をやっていたのだが、それは本意ではなく、いつかは自分の夢である教育に関わる仕事をやって、たくさんの人材を育てたいと思っていたらしい。

 そんなところに、たまたま不動産開発の仕事で知り合った教育事業グループの会長さんから、「日本語学校を経営してみないか」という話をもらったようだ。

 そして、日本語学校の立ち上げに奔走して、ほぼ形になったところで、その教育事業グループの会長から、「日本語学校をやるからには、日本人の教師がいないことには話にならないから、とにかく優秀な日本人教師を連れて来い。1カ月時間をやる。見つからないなら、この話は取りやめる」というプレッシャーをかけられていたというのである。

 それで、目に止まったのが、何となく授業がうまそうに見えた僕だったのだ。張さんは僕が教え始めてから1年ほどしか経ってないことを知らなかったらしく、とても驚いていた。

 困った僕は正直に、もともと日本語教育を専門にしているわけではないこと、教師になって1年ほどしか経っていないこと、近い将来は日本に戻って別の仕事を探すつもりでいることを説明して、お断りしようとした。

 しかし、張さんもさすがに海千山千の街の社長で、「見てくれが日本人ならば、あまり経験がなくてもバレやしない。今までたくさんの若い奴を見てきたが、君の目は期待できる。俺と一緒に、中日の架け橋になる人材を育てないか」など、ちょっと普通は恥ずかしくて言えないような台詞で僕を口説いてきた。

 そして最後には、「近い将来、日本に帰って仕事を探すなら、日本語学校を立ち上げたという経験があるほうが、絶対に武器になるし、責任ある地位をやってもらうつもりだ。損はさせない」という言葉で、僕を強引に新しい日本語学校の教務主任に就任させた。

 そんなことで、日本語教師歴1年で、僕は新しい日本語学校の教務主任を務めることになってしまった。しかしこれがまた、とんでもない目に遭うことになるのだった。

(続く)

筆者:宮田 将士