ドナルド・トランプ大統領(以下トランプ)が建設予定のメキシコ国境の壁に今、大きな疑念が生じている。

 「不法移民を食い止めることはほとんどできない」という現場からの声が上がっているのだ。不法移民は壁を建設したところで、国境を越えてくるという。

 約3100キロの国境のうち約1100キロには、すでにフェンスが施設されている。これから建設する予定の地域も含めて、フェンスや壁が有効な手だてにはならないというのだ。

 国土安全保障省の税関・国境取締局に25年以上も勤務していたA.ガルシア氏が問題点を指摘する。同氏は既存のフェンスの設備・保全管理をしていた人物だ。コラムニストのスティーブ・ロペス氏の取材に答えている。

「何としても米国へ行く!」

 「不法移民とはイタチごっこだね。人力では曲げられないような鉄製のフェンスにちゃんと人が通れるだけの穴を空けてくる。ブロックするという米政府の漠然とした意図より、『何としても米国に行く』という彼らの思いの方が強いんだ」

 ガルシア氏は退職するまでの25年間、フェンスにできた抜け穴を埋めることを主業務にしてきた。四半世紀でおおよそ2万個の抜け穴を塞いだ。

 1日の就労時間内で平均5個の抜け穴を埋めた。曲げられたフェンスの鉄柱を真っ直ぐにしたり、切断された鉄製の鎖を直したりする。抜け穴の横には切断用の工具が置かれていることも少なくない。

 ガルシア氏の見立てでは、いまあるフェンスがコンクリート製の壁になっても不法移民はロープを使って壁を乗り越え、トンネルを掘って米国になだれ込んでくるという。25年間の経験からくる結論だ。

 「壁を張り巡らすのは税金の無駄だね。不法移民を完全にシャットアウトすることはできない」

 カリフォルニア州南部、メキシコ国境に面したカレキシコは農業が盛んな都市だ。ニンジン、ブロッコリー、麦、レタスなどが生産されている。収穫時には中南米からの移民労働者に頼らざるを得ない。

 というのも同市では白人が、「野菜の収穫をすることはない」というのだ。腰を曲げて野菜を一つひとつ収穫する作業は移民たちに任されている。ガルシア氏は不法移民たちに期間限定のビザを発給することで、同問題を是正できると考える。

 それではいったいどれほどの不法移民が国境を越えてくるのか。

 税関・国境取締局の発表によると、今年2月の拘束者数は1日平均840人。1月は1370人だった。ただこの数字は、拘束された不法移民数であって、何ごともなくフェンスをすり抜けた人は含まれていない。

 実はトランプ政権が誕生してから、不法移民の数は減っている。というのも、拘束された後、どういった運命が待っているのか見通せないため、不法移民は様子をうかがっているのだ。

 そのため、いまは拘束者数が減っていても、いずれはまた1日1000人超が拘束されるとみられている。

 近年は中南米出身の不法移民だけではなく、ハイチやインド、バングラデシュなどからの移民も増えている。まずメキシコに入国してから国境を越えるのだ。

 さらに季節によっても不法移民数にはばらつきがある。ただ壁を建設しても、不法入国者がゼロになることはないというのが現場での集約された見方だ。

カリフォルニア州だけで100社が応募

 それでもトランプは壁を造るつもりでいる。

 1月25日、壁建設を要請する大統領令に署名した。すでに税関・国境取締局は壁のデザインと工法についての一般公募を行い、3月10日がプロトタイプ(原型)の締切日だった。

 約600の入札があった。カリフォルニア州だけでも100以上の建設業者が壁建設に参画する意向を示している。

 建設業界にとってはまたとない国家事業である。総予算は2兆円超になるとも言われており、連邦政府がクライアントである以上、業界関係者であれば何としても一枚絡みたいと考えるのは当然だろう。

 日本同様、建設業界に2兆円という資金を流せば、下請け、孫請けといったピラミッド構造の下部にもお金が回る。それによって雇用が生み出されるという点に着目すれば、経済効果は見込める。

 サンディエゴ市に本社を置くハルバート建設の広報担当者も「もし壁の建設が決定した時には、是非参加したいと考えています。政治的問題とは距離を置いて、純粋に業務を行いたいです」とコメントした。

 連邦上下両院では、これから壁建設の法案を成立させることにある。ホワイトハウスと共和党主流派の動きをみる限り、ゴーサインが出される可能性が高い。

 これまで述べてきた諸点を眺めると、トランプは最初から壁によって不法移民や麻薬の密売人を完全に遮断できるとは考えていなかったかに思える。

 前述したように、不法移民はどんな壁であっても、あらゆる方策を練って通過してくる。ミサイル防衛と同じで、防御よりも攻撃の方が一歩先を行くのである。

 しかも国境は3100キロ以上に及ぶため、どこかに通過できる場所が見出される。そこが弱点である。結局、不法移民を流入させない究極の方法は壁でないことが分かる。

不要移民対策には別の政策が必要

 米国に流入する不法移民を減らすには、経済的な南北格差を是正して、祖国での治安を改善して雇用を生み出すしか手はない。机上論ではあるが、究極のポイントはそこである。

 米国の労働市場に魅力があるというより、メキシコ以南の中南米諸国の現状が、あまりにも悲惨ということでもある。貧困から抜け出すために、家族に仕送りをするために、麻薬から脱するために国境を越えてくる。

 前出のハルバート建設の広報担当者は、壁建設にかかわる者は誰もが知る事実だと言う。

 「不法移民を完璧に遮断するものは何もありません。たとえ高さ200フィート(約60メートル)、地下100フィート(約30メートル)の壁を築いたとしても、飛び越える機体に乗り、また地中深く掘り進んで国境を越えてくるでしょう」

 となると制限つきで受け入れて、就労後の納税義務を徹底させた方が米政府にとっても不法移民にとっても得策ということか。

 「トランプの壁」は選挙用スローガンとして、また政権発足直後の政策として目を引くものだったが、有効性という点で秀でていないことをトランプは最初から熟知していたかもしれない。

筆者:堀田 佳男