写真提供:マイナビニュース

写真拡大

春の足音が聞こえてきましたね。そろそろ4月からの新生活の準備を始める人もいるのではないでしょうか? 今回は1台でさまざまな使い方ができる、IKEAのマルチ家具・家電をご紹介します。

○ライトと充電器がひとつになった「LEDワークランプ」

デスク上で作業するときも、スマホやタブレットが手放せない……という人も少なくないはず。そんな人におすすめなのが、「RIGGAD LEDワークランプ ワイヤレス充電機能付き」(7,999円)。ライトと充電器がひとつになったワークランプで、ワイヤレス充電対応機種の充電のほか、USBポートによる充電も可能です。

ライトは、手もとを集中的に明るく照らしてくれる設計。アームとヘッドを動かせば光の向きを調節できるため、読書はもちろん細かな作業にぴったりです。機能的なデザインながら、スイッチの部分に木材を使用するなどして、柔らかさを演出しました。国際的なデザイン賞「iFデザインアワード2016」受賞商品です。

○1台4役の「デイベッドフレーム」

「FLEKKE デイベッドフレーム(引き出し×2), ホワイト」(3万9,990円)はなんと、1台4役の優れもの。ソファ、シングルベッド、ダブルベッド、大型収納(引き出し2個)として使用できます。

背もたれは右と左どちら側にでも設置可能。ソファとして使う場合は2枚のマットレスを重ねて、マットレスを広げれば、ダブルベッドとして使えます。1台4役のマルチ家具なので、家具を増やしたくない人や、部屋を広く使いたい人などにおすすめです。

○パイン材を使用した1台2役「デイベッドフレーム」

「TARVA デイベッドフレーム, パイン材」(1万9,990円)は、昼は寝椅子、夜はベッドの1台2役。部屋の状態や自分の好みに合わせて、背もたれは右と左どちら側にでも設置できます。

ベッドフレームの素材は、1台1台木目や質感が異なるパイン材。無塗装の自然な風合いを楽しむのもいいですが、オイルやグレージング、塗料などの仕上げ剤を施し、自分流にカスタマイズしてもOK。表面の耐久性もアップします。

○マルチな機能を持つ竹素材の「タオルラックチェア」

サニタリールームは、タオル類や洗剤などこまごまとした小物が多く、ついつい乱れがち。そんなスペースをすっきり見せるのなら、チェアとタオルラックの1台2役「RAGRUND タオルラックチェア, 竹」(7,999円)はいかがでしょう。

チェアの背もたれ部分がタオルラックになっており、フェイスタオルのほか、バスタオルなども干すことができます。シンプルなデザインなので、サニタリールームだけでなく、マルチな機能を持つインテリアとしても使えそう。耐摩耗性に優れた竹を使用しているので、長く使用できそうです。

○1〜3台のスマホをワイヤレス充電「NORDMARKE ワイヤレス充電パッド」

モバイル機器に充電は不可欠ですが、充電するときに使うケーブルが目障りに感じる時はありませんか?

「NORDMARKEワイヤレス充電パッド」は、家の中に自然に溶け込むデザインのワイヤレス充電器付き家具。パッドの上に置くだけで、ワイヤレス充電対応のスマートフォンを充電することができます。

「NORDMARKE ワイヤレス充電パッド(シングル)」(4,999円)は、1回につき1台のスマートフォンの充電が可能。「NORDMARKEワイヤレス充電パッド(トリプル)」(8,990円)は、1度で3台のスマートフォンを充電できます。充電パッドにはUSBポートもあるので、USB経由での充電も可能です。

なお、使用しているスマートフォンがワイヤレス充電に対応していない場合は、別売りの「VITAHULT/ヴィータフルト ワイヤレス充電カバー」(2,499円)を装着することでワイヤレス充電をすることが可能です。

※価格はすべて税込。「RAGRUND タオルラックチェア, 竹」の正式名称は、RAGRUNDのAにダイアクリティカルマークが付く。「NORDMARKE ワイヤレス充電パッド(シングル・トリプル)」の正式名称は、AGRUNDのAにダイアクリティカルマークが付く

(MN住まい実験室)