写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が共演する日本テレビ系ドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜22:00〜23:00)は、きょう15日に第9話が放送される。

売れない脚本家の倫子(吉高)と親友の香(榮倉)、小雪(大島)が、厳しい現実にぶち当たりながら、恋に仕事に奮闘する姿を描く同作。第9話では、早坂(鈴木亮平)と付き合い始めた倫子が、気取らない店で好きなものを食べたり、一緒にテレビを見たりして過ごす"フツウ"の幸せを実感する。

ようやく「おさまるところにおさまった」ように見える倫子を、香と小雪は心から祝福。早坂から「一緒に暮らそう」と提案され、さらに舞い上がる。

一方、香は、KEY(坂口健太郎)に背中を押されて涼(平岡祐太)と別れ、気分新たに婚活を再始動。KEYは、亡き妻の七回忌の法要で、義父から「娘のことは忘れてほしい」と言われてショックを受ける。

そして小雪は、ルール違反であることを自覚しながら、妻が出産の里帰りで不在の丸井(田中圭)の自宅に宿泊。しかし翌朝、妻の緊急帝王切開の知らせが入って丸井は慌てて出てしまい、小雪は丸井の家に一人取り残されてしまう。

(C)NTV