ロシアの電気機器小売販売業者のM.VideoとEurosetがこのほど発表した統計データによると、中国本土で製造されたスマートフォンの販売台数は今年1月、ロシア市場で約24%のシェアを占めた。資料写真。

写真拡大

ロシアの電気機器小売販売業者のM.VideoとEurosetがこのほど発表した統計データによると、中国本土で製造されたスマートフォンの販売台数は今年1月、ロシア市場で約24%のシェアを占めた。売上は全体の19%。新華社が伝えた。

統計データによると、前年同月の19%と13%という割合と比べると、中国製スマホは過去1年間でロシアで販売業績を大きく伸ばしていることがわかる。1月の販売台数が全体に占める割合は、サムスンの成績を上回っており、レノボ、ファーウェイ、魅族、小米、ZTEが販売上位の中国ブランドになっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)