J2で驚きのスタッツ!パス数で「925本」をマークしたチームがいた

写真拡大

三浦知良による最年長ゴールの更新もあったJ2の第3節。

FC岐阜対松本山雅の試合は、両チームのユニフォームが識別しづらいため後半からユニフォームが変更になるという珍事があった。

そんなこのゲームは、アウェイの松本が0-1で勝利。

ホームの岐阜がボールを長く保持するも試合は松本ペースという興味深い展開だったのだが、このゲームのスタッツが少々珍しかった。

【支配率】

岐阜 71% - 29% 松本

【パス数】

岐阜 925本 - 245本 松本

岐阜のパス数、なんと925本!

単純比較はできないものの、これは今季のUEFチャンピオンズリーグでバルセロナがマークした1022本という最高値に近い数字だ。また、パスの成功率は88%対58%ということで、松本のパス成功数が142本だったのに対し岐阜は814本と大きく差がついている。

ボールを繋ぎながらもこれで2分1敗となった岐阜。

レノファ山口から加入したMF庄司悦大は「ボールを握り、回せたのでゲームのテンポは良かったが、シュートまで、あるいは崩し切るまでいけなかった」とコメントしており、アタッキングサードでの攻撃に課題を残した。

なお、岐阜はこれまでの試合でも終始ボールを保持しており、第1節のレノファ山口戦では800本、第2節の名古屋グランパス戦では707本のパス数を記録している。