不調セルタ&チリ代表に痛手! MFマルセロ・ディアスが右ヒザ内側じん帯損傷で4〜5週間の離脱

写真拡大

▽セルタは14日、チリ代表MFマルセロ・ディアスが右ヒザ内側じん帯にグレード2の損傷を負ったことを発表した。

▽ディアスは、12日に行われたリーガエスパニョーラ第27節のビジャレアル戦でフル出場を果たしたが、同試合後に右足の負傷が発覚。クラブのメディカルサービスが行った検査の結果、右ヒザ内側じん帯を痛めており、グレード2の損傷と診断された。

▽ディアスに関しては、受傷日から4〜5週間ほどの離脱が見込まれており、バレンシア戦(4月5日開催の第30節)やエイバル戦(4月5日開催の第31節)を含むリーグ戦4試合のほか、16日に行われるヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦2ndレグのセルタ戦の欠場が濃厚。また、チリ代表として出場が濃厚だったロシア・ワールドカップ南米予選の2試合(アルゼンチン代表戦、ベネズエラ代表戦)も欠場することになる。