ポドルスキってどんな選手?『ウイイレ2017』の能力から探ってみた

写真拡大

今年も多くの外国人選手が海を越えて日本へやってきた。

新たなチームで成功できるかは実績の有無にかかわらず未知数。しかし当然のことながら、大型移籍ほど期待値は大きい。強豪国の代表選手ともなればそれは必然だ。

そこで、ルーカス・ポドルスキである。

ドイツ代表として歴代3位の129試合に出場。上にはローター・マテウス(150)、ミロスラフ・クローゼ(137)しかいない。

ゴール数も同じく歴代3位の48得点。こちらは、どちらもサッカー史に残るストライカー、クローゼ(71)とゲルト・ミュラー(68)に次ぐ記録だ。

ルーカス・ポドルスキの「ウイイレ」能力

まだ31歳のポドルスキ。彼がどのようにしてこれだけ偉大な実績を残してきたのか、『ウイニングイレブン2017』の能力値から探ってみた。

ルーカス・ポドルスキの「ウイイレ」能力

1選手の紹介ということで、今回は4ページある能力のパラメータを一つずつ紹介。最初のページには国籍や年齢、身長といった基本情報に加え、総合的な能力とポジション適性が載っている。

ポドルスキのメインポジションは左ウイング(LWG)。プレースタイルはウイングストライカーだ。これだけを見るとクリスティアーノ・ロナウドに近いだろうか。実際キャリアの中ではFWとともに中盤のサイドでプレーすることが多い。

ルーカス・ポドルスキの「ウイイレ」能力

続いて2ページ目。先日の能力ランキングなどで紹介していたのはこのページである。ドリブル、パスといった技術系からスピード、フィジカルコンタクトといった身体能力系まで、「ウイイレ」らしい能力値がずらりと並んでいる。

ポドルスキの強みとしては、まずキック力87。シャープな振りの強烈シュートは彼の持ち味である。他にも80前後の能力が多いなか、注目はボールコントロール81だろうか。ドイツ代表だけでなく、過去に所属したアーセナルでもチームの能動的な崩しに技術面で対応することができたため、これだけのキャリアを築くことができたのだ。

「ウイイレ」は現在、優勝賞金2,300万円の公式世界大会にも参戦できる基本プレイ無料版が配信中!

詳細は公式サイトでチェック!
https://www.konami.com/wepes/2017/jp/ja/page/pes_league/

ルーカス・ポドルスキの「ウイイレ」能力

そして3ページ目。ここはGKの能力がメインだが、実はスタミナの能力値がこのページにある。ポドルスキは73!10代の頃から決して運動量で勝負するタイプではなかったのでまあ納得である。

ただ、逆足系はもう少し高くても…。右足の精度はそこまで悪くないはず。

ルーカス・ポドルスキの「ウイイレ」能力

最後の4ページ目は、スキルとプレースタイルだ。後者は括弧で表記されているように、CPUがボールを保持した際に反映されるものである。

スキルはコントロールカーブ、無回転シュート、ワンタッチシュート、スーパーサブの4つ。コントロールカーブはいわゆるファーポストを“巻く”ようなシュートのスキルであり、つまりシュートに関するものが3つもあるのだ。

これは紛れもなくポドルスキの特徴。ポドルスキと言えば、やっぱりシュート!

ルーカス・ポドルスキの「ウイイレ」能力

パスワークの中で味方と連動しながらゴール前のスペースへ入り込み、強力かつ正確なシュートでフィニッシュする。

「ウイイレ」の能力にも表れているように、これがポドルスキのスタイルだと言えるだろう。

先日決めたゴールを自身のSNSにもアップ。シュートの速さは、時速119km!?早く日本でこんなゴールを見たい!

ちなみにポドルスキ、ドイツ代表の引退試合として予定されていた昨年9月のフィンランド戦を怪我で欠場。3月22日の親善試合イングランド戦で改めて代表最後の試合に臨む。

Promoted by Konami Digital Entertainment Co., Ltd.

PES LEAGUE ROAD TO CARDIFF