大分MF清本拓己、全治8カ月の長期離脱へ…右ひざ前十字じん帯損傷

写真拡大

 大分トリニータは14日、MF清本拓己が右ひざ前十字じん帯損傷と診断されたことを発表した。

 清本は今月6日に行われたトレーニングマッチで負傷。大分市内の病院で検査を受け、上記の診断を受けた。全治まで約8カ月と、長期離脱を強いられる見込み。

 清本は1993年生まれの23歳。2013年にFC岐阜へ加入し、2016年に大分へ期限付き移籍で加入した。昨季は明治安田生命J3リーグで全30試合中29試合に出場し、7ゴールを記録。今季も負傷前は明治安田生命J2リーグの開幕2試合に出場していた。

 J2復帰を果たした大分は今季、明治安田生命J2リーグ開幕3試合を終えて2勝1敗、勝ち点6で5位タイにつけている。次節は18日、徳島ヴォルティスをホームに迎える。