14日、韓国の高高度防衛ミサイルの配備に不満を抱いた中国当局による韓国観光中断措置の発表を受け、中国発のクルーズ船を運航する各社は韓国寄港を取り止める方針を明らかにしている。資料写真。

写真拡大

2017年3月14日、韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備に不満を抱いた中国当局による韓国観光中断措置の発表を受け、中国発のクルーズ船を運航する各社は韓国寄港を取り止める方針を明らかにしている。寄港地を日本に変更したり、海上クルーズや海上パーティーなどを行うという。予定変更で旅行代金の一部が返金されるということはあるのだろうか。中国メディアの浙江在線が伝えている。

クルーズ客船運航会社ロイヤル・カリビアンは8日、上海などを出発するクルーズ船36便について、韓国への寄港をキャンセルすると発表した。うち17便は寄港地を韓国から日本に変更する。客船クァンタム・オブ・ザ・シーズは17日から22日まで、上海−釜山−熊本−上海のコースを上海−長崎−熊本−上海に変更する。また、14便は海上クルーズ、3便は海上パーティーに変更する。

コスタ・クルーズも、客船フォーチュナ、セレーナ、アトランティカについて、15日以降の便で韓国寄港を中止すると発表。スカイシー・クルーズとMSCクルーズも5月いっぱい韓国寄港を取り止めるという。

ツアー会社の関係者は「これは不可抗力だ」とした上で、「寄港地の変更に納得がいかないお客様には、ツアーへの参加を取り止めるよう勧めている。同意されたお客様については、賠償や返金という問題は存在しない」と説明する。

別のツアー会社も「状況を理解してくださるお客様がほとんどで、トラブルなどは生じていない」と話している。(翻訳・編集/柳川)