何気なく言ったひと言が、男性を傷つけてしまっていたり、イライラさせてしまっていることもあります。

そんなことが多くなると、自然と恋愛対象としては見てもらえなくなってしまうことだって十分にあり得るでしょう。

そこで今回は、男性から「恋愛対象外」にされるNGフレーズを紹介します。

 

■「男のくせにさ」

男性はいつだって女性から頼りにされたいと感じているものです。「男のくせに」というひと言は、そういった男性の気持ちを一瞬にして打ち砕いてしまいます。「頼りない」と言われているような気にもなるので、かなりショックを受けるはず。

男らしくない姿を見てしまったりしたときは、思わず言いたくなるひと言かもしれませんが、男性は全否定をされたかのような印象を受けやすいです。笑い話のように冗談っぽく言うのならまだいいですが、真剣なトーンで言ってしまうと、敵対視されてしまいかねませんよ。

 

■「そんなこともできないの?」

男性が何かをやっているときに、なかなかうまくできなかったり、手間取っていたりすると、イライラしてきて「そんなこともできないの?」なんて言いたくなるかもしれません。

ただ、女性からそんなことを言われたら、男性のプライドはボロボロになってしまいます。さらに、「もう私がやるから貸してよ」と言われたりしたら、完全にダメ押し状態。「そんなことも知らないの?」というひと言も、同様に男性には大きなダメージを与えてしまうので、気をつけてくださいね。

 

■「誰か他にも誘おうよ」

デートや食事に誘ったときに、「じゃあ、○○も誘おうよ」とか「楽しそうだから、みんなで行こうよ」なんて言われたら、男性は相当がっかりしてしまいます。同時に、自分が“男”としては見られていないと感じてもしまうでしょう。

「2人きりになるのが恥ずかしいから」とか「みんなも誘った方が盛り上がると思ったから」といった理由で、このひと言を言ってしまうこともあるかもしれません。でも、もしあなたがその男性に気があるのであれば、絶対に言わないようにした方がいいでしょう。

 

■「どうせ私なんて」

いつも暗かったり、ネガティブで自虐的な女性とは、たとえ付き合っても楽しい恋になるイメージが持てません。「どうせ私なんて」とか「私なんか」なんて言葉は口ぐせになってしまっている女性は要注意かもしれません。

ネガティブ発言が多い女性は、うかつに手を出してしまうと大変な目に遭ってしまいそうな雰囲気もあったりします。気になる男性の前では、あまりマイナスな発言ばかりはしないように心がけることが大事ですよ。

 

そんなつもりはなく言ったひと言が、男性にはダメージを与えてしまっているなんてこともあります。それが理由で、恋愛対象外にされてしまうこともあるので、不用意な発言には気をつけてくださいね。

【画像】

※ Lunatta/shutterstock

【関連記事】

※ 「もっと早く知ってれば…」伝えずに終わった恋、実は3人に1人が両想いだった!?

※ 「一生守ってやる!」男に本気で愛される女性の特徴

※ うわっ、たまんねぇ〜!男子をドキッとさせる小悪魔級エロテク

※ 男子がメロメロになる「癒し系女子」になるためのコツ

※ 察してくれ!彼が密かに発している「今日エッチしたくない」のサイン

※ これぞ理想!男性が「疲れているとき」に彼女にしてほしいこと