Block BのP.O「騒怪レストラン」でラップ+モノマネを披露…MCデビューは大成功!?

写真拡大

Block BのP.Oが「騒怪レストラン」MCとしてデビューした。

13日午後、O'live「騒怪レストラン」が韓国で初放送された中、オープニングでMCのキム・ヨンマン、ソ・ジャンフンは初めてMCを務めたP.Oに好奇心を表した。

キム・ジョンミンは「僕が紹介すると、直属の後輩だ。P.Oはスワッグ感(自分のスタイルを持っていること) を担当している。僕がコヨーテでスワッグを担当しているので。僕が好きな人だ」とし、明るく笑った。

P.Oは「元々緊張する性格ではないが、初めてなので緊張している」と心境を伝えた。そしてラップを披露し、“珠玉のような”という単語を悪口のように言うラップで先輩たちを驚かせた。

そして、イ・ソンギュンのモノマネで注文するようという制作陣の指示があった。P.Oは耳が赤くなるほど照れたが、無難にやり遂げた。

この日の初放送には、SHINeeのオンユ、ハン・ウンジョンがゲストとして出演した。