日本人大学生、台南でご当地グルメに舌鼓  料理で国際交流/台湾

写真拡大

(台南 14日 中央社)目白大学(東京都)の学生ら18人が14日、姉妹校の康寧大学(台南市)を訪れ、ご当地グルメを通じた国際交流を図った。

康寧大学は台南名物のおこわとサバヒースープで学生をおもてなし。一通り舌鼓を打つと、同大のレストラン学科の教員らが直接作り方を指導した。

学生は慣れない調理に戸惑いつつも、楽しみながら台湾のグルメを学習。家庭でも作れそうだとし、家族に食べさせたいと話す人もいた。

(張栄祥/編集:齊藤啓介)