スマホを肌身離さず持ち歩く、という方も多いのではないでしょうか。仕事でもプライベートでもなくては困るというくらい、スマホはその重要度を増しています。しかしそれに比例し増えているのがスマホ老眼であり、若い世代に多いのが特徴です。

老眼の症状に似ているスマホ老眼

え?老眼?どうしてスマホの使いすぎが老眼に結びつくのか、と思われるかもしれません。スマホ老眼と呼ばれるのは、目の疲れが原因で一時的に老眼のようになってしまうからなんです。通常私たちが何かを見る時、目の毛様体筋という筋肉を使ってレンズ(水晶体)を調節し、ピントを合わせます。

しかし加齢とともに毛様体筋が衰えて、ピントの調節がうまくいかなくなるのが老眼です。スマホ老眼とは目を酷使することで、毛様筋体が凝り固まってしまい、まさに老眼の様にピント調節がしにくくなる状態なんです。スマホは小さくてどこにでも携帯でき便利です。しかし常に小さな画面のなかで、文字を捉えて追わねばならず、目の疲労は想像以上のものとなります。

こんな症状があったらスマホ老眼かも

老眼は普通40代前後から現れますが、特に20〜30代に増えているといわれるスマホ老眼。最近こんな症状はありませんか。

●スマホの文字が見えにくく、スマホを少し遠ざけると見やすくなる
●特に夕方以降に文字が見えにくくなる
●スマホを使用した後、遠くをみると視点がぼやける
●目の乾きが気になり、痛みがある

これらはスマホ老眼の典型的な症状です。スマホをよく使う方でこの様な症状があれば、スマホ老眼を疑ってみましょう。

スマホ使用時間を最小限にする努力を

目の疲労が気になりだしたら、早めに対策を打つことが大切です。症状がひどくなればなるほど、回復が遅くなってしまいます。目の酷使が原因となるスマホ老眼は、目を休めることを第一に考えましょう。できるだけ使用時間を減らし、一時間おきに目を休めるようにします。また画面の明るさを調節し、蛍光灯などの光が反射する場所での使用を避けましょう。

スマホ使用中は瞬きが少なくなりがちなので、意識的に瞬きするようにし、目の筋肉をほぐすストレッチを度々行うのもおすすめです。それからスマホ使うよりも、大きな画面であるタブレットやパソコンを使用すると目の負担が少なくなります。すでにスマホ老眼の症状が気になる方は、眼科を受診してみましょう。視力が落ちていることもあるので、眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正すると、症状が楽になることもあるようです。


writer:Akina