写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーモバイルコミュニケーションズは3月14日に説明会を開催し、公認オンラインショップ「Xperiaカバーストア」を、15日の11時にオープンすると発表した。国内9社の認定メーカーによる製品を中心に、Xperia用のカバーとフィルム合わせて約2,000アイテムを取り扱う。

取り扱うアイテムはすべて同社の認定ロゴが入っており、低価格なものから1万円を超えるような高級カバーまで幅広いラインナップをそろえる。また、購入したカバーは一品から全国どこでも無料で配送する。地方ユーザーには特に嬉しい仕様と言えるだろう。

ソニーモバイルコミュニケーションズの調査では、スマートフォン利用者の85%がカバーを使用しており、Xperiaから他社製スマートフォンに買い替えたユーザーの24%は、カバーの種類が充実していたことを理由に挙げたという。

一方で、カバーの購入場所としてはオンラインストア(ECサイト)が33%で1位となっており、2位の家電量販店の27%を上回っている。こうした背景を基に、Xperiaの魅力的なカバーを多数そろえたオンラインストアの必要性を重視し、「Xperiaカバーストア」が実現した。

オープン当初は国内の9社の認定メーカー(Made for Xperiaパートナー)の製品をラインナップするが、様子を見ながら海外の認定メーカーの製品も加えていきたいという。

サイトの運営は三浦印刷が担当するが、「シンプル」「かわいい」「頑丈」「ユニーク」などの検索項目で商品を探せるようにしたり、キャラクターでまとめたり、季節やテーマでカテゴリ分けして表示したりなどの工夫も凝らしているという。

(プラスワン・クリエイティブ)