映画「ワンダーウーマン」で、主人公となるワンダーウーマンことダイアナ・プリンセスは、男子禁制のアマゾン族が暮らすパラダイス島で育ち、日々の訓練で最強の女戦士として育てられました。ダイアナはパラダイス島の海岸に墜落した飛行機から、軍の兵士であるスティーヴ・トレヴァーを救出したことにより、外界で大規模な戦争が起こっていることを知り、戦争を終わらせるべく生身で戦車や軍隊に立ち向かいます。この作品ではすでに3本の予告編が公開されていますが、新たに幼少期のダイアナや、ロンドンの街で世間知らずなおちゃめっぷりを発揮する未公開シーンが収められた最新予告編が公開され、謎に包まれたワンダーウーマンの出生が少しずつ明らかになっています。

WONDER WOMAN - Official Origin Trailer - YouTube

壮大な景観が広がる、人里から隔離された「パラダイス島」



ここには女戦士だけの一族・アマゾン族が暮らしています



アマゾン族の女王ヒッポリタが、娘であるダイアナ・プリンセスを連れてお城の中へ。



連れてこられた場所で幼少期のダイアナは「なんて美しいの」と声をもらします。



2人が見ていたのは……





ワンダーウーマンを象徴するロングソードでした。



小さな頃から戦闘訓練を重ねていったダイアナは……





複数の女戦士と渡り合えるほどの実力者に。



そこにヒッポリタが遠くから剣を投げつけます。



空中で反転してひらりと交わすダイアナ。





着地と同時に弓で狙っていた女戦士に盾を投げつけて撃破。



しかし、体勢を崩していたところに太刀が振り落とされ、絶体絶命。



ダイアナはとっさに腕を交差して防御します。





なんと剣が触れたところが赤く輝き、大爆発が発生。



攻撃を仕掛けた女戦士は吹き飛ばされてしまいました。



自らのスーパーパワーに目覚めたダイアナ。



シーンは変わり、ダイアナが海に不時着した飛行機から1人の男性を助け出しました。この男性はスティーヴ・トレヴァー。



女戦士しかいないパラダイス島で育ったダイアナにとって、スティーヴは人生で初めて見る男性です。これがきっかけで、島の外では世界を巻き込む戦争が起こっていることを知るダイアナ。



パラダイス島に押し寄せる男の軍隊



迎え撃つアマゾン族



軍の施設らしきところでは……



未知の技術によって作られた、あやしげなガスマスクが作られていました。



「気をつけて……、ダイアナ」と女王に見送られ……



幼少期に見たロングソードを手にするダイアナ。





「ロンドンへようこそ」ということで、スティーヴとともに生まれて初めてパラダイス島以外の世界を知っていきます。



ロンドンの路地裏を歩いていた2人に危険が迫り、スティーヴが男らしく「後ろに下がって!」とダイアナをかばいますが……



後ろから手を伸ばし、銃撃からスティーヴを救いました。



「君の後ろにいた方がいいかも」



戦闘装束に身を包んだワンダーウーマン



砲撃の嵐の中を生身で進んで行きます。



パラダイス島に眠っていたロングソードを抜き……



バッタバッタと敵を切り倒していきます。



腰には縄をつけているのですが……



スーパーパワーを通わせることで、縄を自由自在に操れる模様。



人間離れしたワンダーウーマンの力はすさまじく、戦車を持ち上げてぶん投げることも可能。





そして恋に落ちる2人





ワンダーウーマンの敵とは一体何者なのか



剣・盾・縄にスーパーパワーまで操るワンダーウーマンの活躍は、2017年6月に公開される映画本編で明かされます。



予告編の最後にはオマケのシーンがついています。変装したワンダーウーマンが扉を通り抜けようとしたところ、何かがつっかえて通れない模様。



一歩下がると、コートにハットを着込みながら、両手には剣と盾を持っていました。スティーヴに「すみませんが剣は下ろしてもらえますか?」と声を掛けられており、世間知らずな一面がキュートなシーンとなっています。



なお、ワンダーウーマンの日本公開は2017年8月25日(金)になる予定です。