「彼氏からの連絡が減った……」不安になったときの対処法

写真拡大

付き合った当初はメールやLINE・電話などをマメにやりとりしていたのに、だんだんと彼氏からの連絡が減った……。そんな経験をして、不安になった女性もいるでしょう。今回は、彼女にあまり連絡をしなくなる男性心理と、彼氏からの連絡が減って不安になったときの対処法をご紹介します。

<目次>
■彼氏からの連絡が減ったときの女性心理を調査!
・「彼氏からの連絡が減ると不安になる」女性は約7割!
・「不安になる」派の理由
・「不安にならない」派の理由
■彼氏からの連絡が減ったのはなぜ? 男性心理を調査!
・仕事で忙しいから
・用事がないから
・ケンカしているから
・2人の関係が落ち着いてきたから
・疲れているから
・ひとりになりたいから
・彼女への気持ちが冷めてきたから
■彼氏からの連絡が減って不安なときの対処法
・自分も連絡を減らす
・自分の時間を大切にする
・友だちと楽しむ
・正直に気持ちを伝える
・しばらく様子を見る
■まとめ

■彼氏からの連絡が減ったときの女性心理を調査!

彼氏から連絡が減ってくると、人によっていろいろ思うこともあるでしょう。そこで働く女性に、彼氏からの連絡が減ると不安に感じるか、アンケート調査をしてみました。

<「彼氏からの連絡が減ると不安になる」女性は約7割!>

Q.あなたは彼氏からの連絡が減ると不安になりますか?


・はい……66.8%
・いいえ……33.2%
(※1)

およそ7割近くの女性が、彼氏からの連絡が減ると不安に感じるようです。それぞれの理由を聞いてみました。

<「不安になる」派の理由>

◇自分に興味がなくなったのかと思うから

・「自分に興味がなくなった、自分は必要なくなったと思ってしまいます」(女性/32歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「自分に対しての興味関心が薄れていったのかなと思うから」(女性/23歳/学校・教育関連/その他)

自分に興味がなくなったから、連絡が減ってきているのでは? という思いから不安になる女性も多いようです。なんだか悲しい気持ちになりますね。

◇何かあったのかと思うから

・「何かあったのかと心配になるので、連絡が減るのならば事前に教えてほしい」(女性/24歳/その他/営業職)

・「事故や事件に巻き込まれていないか心配になるから」(女性/27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

いつも連絡が来ていたのに、いきなり来なくなると、事故などにあっていないか不安に感じてしまうもの。大事な恋人だからこそ、心配になりますよね。

◇嫌われたのかと思うから

・「嫌われたのかとか、怒らせてしまって返事がないのかとか、変に勘ぐってしまう」(女性/30歳/ソフトウェア/技術職)

・「嫌われたのかなとか飽きられたのかなとかめちゃくちゃ考える」(女性/24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

自分のことが嫌いになったから連絡をしてこないのかも、と不安を抱える女性も。嫌われるようなことをしてしまったか、自問自答してしまう人もいるのではないでしょうか。

<「不安にならない」派の理由>

◇もともとマメに連絡を取っていないから

・「もともとお互いにあまりマメな性格じゃないので、少しくらい連絡が減っても気にならない。むしろ大事な用があれば、電話でパパッと済ませたいので」(女性/23歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

・「もともと自分がマメに連絡するほうじゃないから。それぞれの時間がある」(女性/32歳/学校・教育関連/専門職)

最初からあまり連絡をマメに取っていない関係だと、少し途切れたくらいでは気にならないものかもしれませんね。彼には彼の時間があるだろうから、と思えるのでしょう。

◇彼氏を信用しているから

・「信用しているか、してないかで安心度はちがうから。信用していたら、連絡が減っても、忙しいのかな? で終わる」(女性/33歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「相手のことを信用しているから」(女性/29歳/学校・教育関連/専門職)

彼氏のことを信用しているからこそ、連絡が来なくても安心していられるのでは。彼に不満をこぼしたり、喧嘩になったりすることもなさそうですよね。

◇忙しいこともあるから

・「仕事が忙しいのかもしれないし、もし、よくない理由で連絡が来ないなら、それは別れるタイミングだと思う」(女性/34歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「忙しいこともあるから、その辺は尊重したいし、逆に尊重してもらいたい」(女性/30歳/その他/クリエイティブ職)

お互いに仕事をしていると、連絡が取れないことがあるのも理解できますよね。仕事が忙しいのに無理して返事をしてくるようであれば、逆に心配になってしまいそう。

みなさん、それぞれの理由があるようですね。しかし気になるのは、彼女にあまり連絡をしなくなった男性心理。どのような理由が隠されているのでしょうか?

■彼氏からの連絡が減ったのはなぜ? 男性心理を調査!

彼氏からの連絡が減って、女性がいろいろ心配をしているのに、当の本人はまったく気にしていないこともありますよね。社会人男性に「彼女にあまり連絡しなくなった理由」について、答えてもらいました(※2)。

<仕事で忙しいから>

・「仕事で忙しいときだけ。忙しくてもなるべくするようにはしていましたが」(男性/31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「仕事で頭がいっぱいだったり、体が疲れていたりするとき。また相手が同じように大変そうなときは、電話を控えるのも思いやりと考えています」(男性/34歳/自動車関連/販売職・サービス系)

仕事が忙しすぎると、つい彼女をおざなりにしてしまうこともあるようです。お互いに仕事をしていると、どうしても仕事に集中してしまうこともありますものね。

<用事がないから>

・「用事がなければ電話はかけない。メッセージで済ませる。忙しかったらなおさら」(男性/23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「特に話題がない場合、連絡はしない」(男性/32歳/金融・証券/専門職)

特に話す話題がないと、彼女に連絡しないという男性も。用事がなくても連絡してきてほしい女性心理は、通じないかもしれませんね。

<ケンカしているから>

・「ケンカしてイライラしているときや、体調が芳しくないとか」(男性/33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「ケンカしたときや嫉妬したとき、連絡を控えたくなる」(男性/25歳/電力・ガス・石油/技術職)

彼女とケンカしているときは、連絡をしたところでケンカの続きになってしまうので、あえて連絡をしないという男性もいるようですね。

<2人の関係が落ち着いてきたから>

・「関係が落ち着いてきて、頻繁な連絡は必要なくなったか、相手との関係が冷めてしまったとき」(男性/31歳/情報・IT/技術職)

・「関係も落ち着き、互いに性格を理解できてきたとき」(男性/32歳/情報・IT/営業職)

付き合いが長くなってくると、こまめに連絡をとらなくても心配することがなくなりますよね。2人の関係が落ち着いてきた証拠として捉えてもいいのかもしれません。

<疲れているから>

・「仕事で忙しく、体が疲れているときは、ひとりでゆっくりと休みたい」(男性/31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「夜遅くまで仕事をしていて、疲れているため」(男性/32歳/電機/技術職)

仕事などで疲れたときは、家に帰って早く寝たいと思うでしょう。忙しいことがわかっているのなら、そっとしておくのがやさしさかもしれませんね。

<ひとりになりたいから>

・「仕事が忙しかったり、ひとりの時間がほしいとき」(男性/34歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「ほかのことで疲れていて休みたい、ひとりになりたいとき」(男性/32歳/自動車関連/技術職)

落ち込んだり、考えごとをしたかったり、誰にでもひとりになりたいときはあるものです。彼がそっけないときは、放っておいたほうがいいかもしれませんね。

<彼女への気持ちが冷めてきたから>

・「彼女に冷めて飽きたときなど以外はない」(男性/34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「連絡をしなくなるときは、もう興味がないのでは」(男性/33歳/小売店/販売職・サービス系)

相手に対する気持ちが冷めてくると、どうしても連絡が減ってくるものかもしれません。付き合う前のアプローチが強い男性ほど、冷めたときにわかりやすいかもしれませんね。

彼氏から連絡が来なくなるのには、このような理由があるようです。とはいえ、連絡が減ると不安になるのが女心。こんなとき、どのように対処するべきなのでしょうか?

■彼氏からの連絡が減って不安なときの対処法

付き合いはじめた当初は毎日のように連絡を取っていたのに、徐々に連絡が減ってくると、どうしても不安に感じてしまいますよね。そのようなときはどのように対処しているのか、働く女性たちに聞いてみました(※1)。

<自分も連絡を減らす>

・「こちらからの連絡も減らしてみる。それで連絡があれば、気にかけてくれているということだと思うので」(女性/33歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「こちらからの連絡も減らす。連絡をしすぎてもかえって彼の負担になるため」(女性/28歳/その他/営業職)

彼氏の連絡が減ったのなら、同じように自分の連絡も減らしてみるといいかもしれませんね。そうすることで、彼が気にかけて連絡をくれる可能性も。

<自分の時間を大切にする>

・「自分の時間を大切にする。エステやネイルや女友だちと飲みに行ったり、彼がいないときだからこそ、できることを楽しむ」(女性/30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「自分の趣味を充実させる。気にしすぎるとかえって気になる気がする。それでも気になるなら理由を聞いてみればいい。仕事で忙しいのか、好きじゃなくなったとか連絡が来るはず」(女性/28歳/運輸・倉庫/その他)

今まで彼にベッタリだったのなら、自分の時間を有効活用するいい機会かもしれません。趣味や遊びを充実させることで、彼の連絡も気にならなくなるはず。

<友だちと楽しむ>

・「友だちと連絡を取って気を紛らわす。男の人はしつこくされると引いていってしまうと思うので」(女性/25歳/商社・卸/事務系専門職)

・「友だちに話を聞いてもらう。ショッピングに行く。まずはモヤモヤした気持ちを切り替える」(女性/33歳/その他/販売職・サービス系)

彼氏がいると、どうしても彼氏がメインのスケジュールになってしまいがち。こんなときこそ、友だち同士で楽しみたいものですよね。

<正直に気持ちを伝える>

・「正直に寂しい気持ちを打ち明ける。遠回しな言い方をしてもわかってくれなさそうだし、逆にうざいと思われるのも嫌だから」(女性/30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「こちらから彼氏に連絡して素直に話す。一緒に会って話す機会を作る。若いころは意地を張って、連絡が来るまで自分からは連絡しなかったりしたが、不安は募るし解決しないから」(女性/33歳/医療・福祉/専門職)

・「素直な気持ちを伝える。お互いに伝えなきゃわからないことだから」(女性/32歳/医療・福祉/専門職)

不安な気持ちがあるのなら、正直に彼氏に伝えてみることで解決することもあるのでは。彼氏も、彼女を不安にさせている自覚がないかもしれませんものね。

<しばらく様子を見る>

・「すぐに問い詰めずに、しばらく様子を見る。自分自身もその間は趣味に没頭したりして、あまり考えないようにする」(女性/27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「しばらくはそのままにして、あまり続くなら、電話か直接話をする」(女性/28歳/小売店/販売職・サービス系)

自分に飽きてしまったのか、それとも忙しいだけなのか、実際のところ、なかなかわからないものですよね。しばらく様子を見ることで、わかることもあるかもしれません。

女性のみなさんは、彼氏から連絡が減ったとき、このような方法で対処しているようです。自分や彼のタイプに合った方法を選んで、実践してみてくださいね。

■まとめ

彼氏からの連絡が減ってくると、何かと心配することが増えてくるもの。しかし男性側としては、単純に忙しいだけだったり、ひとりの時間がほしかったりすることが多いようです。それでも不安に感じるようなら、今回ご紹介したような対処法を試して、お互いがストレスを感じない居心地のいい関係性を築いてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月7日
調査人数:416人(22〜34歳の女性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月6日〜3月7日
調査人数:148人(22〜39歳の男性)