好きになってはいけない男性を、好きになったらどうしますか?

頭で理解していても、気持ちが追い付かないのが不倫の怖いところで、ダメとわかっていても、つい感情に身を任せてしまいたくなりますよね。

不倫から文化が生まれることもありますが、やはり、倫理的、宗教観念的に不倫は宜しくないことです。

そこで今回は、“不倫に終止符”と銘打ち、好きになってはいけない男性を好きになった時の、心構えをアドバイス致します。

 

■浮足立つ気持ちを抑えて!冷静に自分を見つめ直す

筆者の経験的、また、筆者に相談を寄せる女性を見る限り、不倫に絡んでいる女性たちの多くは、妙に浮足立っています。

忘れていた恋心に花が咲き、浮足立つ気持ちもわからなくないのですが、冷静に自分を見つめ直すチャンスを与えて貰ったと思ってみて下さい。

あなたがやろうとしていることは、“不倫”で、少女のように胸を躍らせていても、それは許されざる行為なのです。

あたかも純愛を気取る恋心はナンセンス。

自分に冷静になるように、言い聞かせましょう。

 

■人の不幸の上に立ちたい?「つもり」のない行動が人を不幸に…

自分が既婚でも相手が既婚でも、不倫をすれば知らずに誰かを不幸にしていることになるのです。

たとえ体の関係がなくても、相手に恋心を抱き色目を使うことで、相手が本気になってしまえば、仮に相手の男性が既婚者の場合、知らずに相手の家庭を崩壊させる引き金となることもあるということです。

あなたの“つもり”のない言動一つ一つが、他人を不幸にするかもしれないとわかれば、恋心を抱くに留まれるのではないでしょうか。

 

■危険な恋は一瞬の灯…輝かしいままに終わらせるのが大人

恋に酔いしれて有頂天になる時と、実際に恋愛に至って、相手の嫌な部分を見て嫌いになることは、多くの女性が経験済みでしょう。

恋愛なんて殆どがそんなものなのです。

普通の恋愛でもそんなことばかりなのに、不倫に限って、相手の男性が待ち望んだ理想の男性と言えるでしょうか?

危険な恋ほど、一瞬の灯に似たものはありません。

恋心を抱くのは仕方のないこと、好きになってはいけない人を好きになってしまうのも、どうしようもないことです。

ただ、何が大人かの定義にもよりますが、輝かしいままに終わらせる恋も、大人の成せる選択ではないでしょうか。

 

■本気の恋ならば…二人の将来を本気で考えてみては?

結果論だけで言えば、不倫から幸せになる人もいます。

ただ、将来とは不安定なもので、確実な保証はどこにもありません。

不倫で浮かれている女性は、純愛の様に自身の恋を物語り、それが真実の愛で本気の恋だと思っています。

それならば、真剣に二人の将来を考えてみるのが筋というもの。

期限も設け、離婚、親権、住居、仕事など、ちゃんと話合うのが本来の姿だと思います。

裁判になるかもしれませんので、弁護士に相談するのもいいかもしれません。

不倫に関わる女性に、このような話をすると、口を濁すばかり。

さらさら旦那と別れるつもりもなく、さも本気の恋のように語るのは、いささか疑問を抱きます。

結局、女性が嫌う欲に正直な男性と、なんら変わらない姿ではありませんか。

不倫はいけないことですが、本当に幸せになれると思うのならば、本気で二人の将来について考えてみましょう。

それをすることで、相手の本気度合いも見えてくるのではないでしょうか。

 

好きになってはいけない人を好きになってしまうことは、仕方のないこと。

ただ、何を選択するかで、人の本質が試されるのではないでしょうか。

【画像】

※  Daria_Cherry/shutterstock

【関連記事】

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【同僚カップルW不倫編】

※ 大好きな彼が、実は既婚者…「知らず不倫」を防ぐ方法

※ ウソは逆効果?「不倫」で後腐れしない身の引き方

※ ブレーキをかけて。「不倫」の終わり時を見極める方法

※ 離れたくても離れられない。「セカンドの女」から抜け出す方法

※ 証拠は残すな。「不倫相手とのエッチ」で絶対やってはいけないコト