カミラ・カベロ、テイラー・スウィフトや恋愛について語る

写真拡大

歌手のカミラ・カベロが、歌手のテイラー・スウィフトや恋愛について語った。

昨年12月に女性グループ「フィフス・ハーモニー」を脱退したカミラはソロ活動をスタート。そんなカミラは「ラティーナ」誌に仲良しのテイラーについて「私たちの友情は決してキャリアやプロフェッショナルのことではないわ。彼女に男の子の話をして、私は男の子のことで泣くの。彼女は私に『ダメよ。彼にメッセージを返しちゃダメ』ってアドバイスをくれるわ。でも、彼女に私の音楽をかけることができる日がすごくたのしみなの。だって、彼女は本当に私がソングライティングを始めるきっかけの1つだもの。私たちはすごくクールな関係なのよ。お互いに正直になれて、ただ女の子になれて、おバカなかっこいい人の話をするの。最高だわ」と話した。

また恋愛について、「私の恋愛に人々が興味があるのは分かるわ。でも、その部分の自分を人に与えたくないの。だって、それが一番大切なところだから。これが私の夢の生活よ:曲を作って、人々と素晴らしい経験をしたいわ。ホテルの部屋に閉じこもって、マスコミ関係やレッドカーペットだけをするなんて嫌だわ。そんな人生を過ごしたいわけではないの。音楽を作りたいけれど、友達と長旅もしたいわね。ヨーロッパをバックパックを背負って旅したいわ。スペインでスペイン人に男の子に出会って、恋に落ちたいの」と明かしている。