写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は14日、インテックス大阪で3月18〜20日の期間に開催される「第33回 大阪モーターサイクルショー2017」、東京ビッグサイトで3月24〜26日の期間に開催される「第44回 東京モーターサイクルショー」の出展概要を発表した。

今年のショーでは、各カテゴリーの世界観を演出しながら、それぞれの会場で合計21台の二輪車の展示を予定している。その他、ライディングウエアの展示・提案、スマートフォンアプリ「Honda Moto LINC(ホンダモトリンク)」の紹介なども行う。

コンセプトモデルでは、「CB1100 RS」をベースにスポーティーなイメージを強調するカスタマイズを施した「CB1100 RS カスタマイズコンセプト」と、新型クルーザーモデル「レブル250」をベースにBMXをモチーフとしたスタイリングを施すことでアクティブで自由な楽しみ方を提案する「レブル250 スタイルコンセプト」を出展する。

市販予定車(日本国内仕様)では、さらなる軽量・コンパクト化とともに新たな電子制御技術を採用し、総合性能を高めた大型スーパースポーツモデル「CBR1000RR SP」、新開発の水冷・4ストローク・直列2気筒エンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」、アドベンチャースピリットにあふれるスタイリングと装備で新たなジャンルの創造を目指したモーターサイクル「X-ADV」、タフでクールなイメージのスタイリングと気軽に楽しめるサイズ感が魅力の新型クルーザーモデル「レブル500」が展示される。

その他にも、2016年FIMロードレース世界選手権MotoGPクラスでチャンピオンを獲得したHRCワークスマシン「RC213V」などのレースマシンや、市販車では「CB1100 RS」「CRF1000L Africa Twin」「CRF250 RALLY」といった2017年モデルを中心に、さまざまなカテゴリーのモデルを展示する。

(木下健児)