『スター・ウォーズ』シリーズのヨーダといえば、欠かせないのはその声と操作を担当したフランク・オズ。最近でも『スター・ウォーズ 反乱者たち』でヨーダの声を担当し、その他にも『セサミ・ストリート』、『マペット・ショー』などの作品のパペット師としても知られています。

そんなフランク・オズが、もしかしたら『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に出演する可能性が!?

Varietyとのインタビューで、オズは『スター・ウォーズ』関連の質問に対して以下のように語っています。

新たな『スター・ウォーズ』作品であなたがヨーダ役を再演するという報道がありますが?
なんだか戦争の捕虜になった気分だ、私には自分の名前と階級、識別番号しか答えられないよ。私に頼んできた人たちは私の家族みたいなものなんだ、彼らを裏切らないためには、この件について話さないように頼まれた、と言うしかない。私はヨーダを愛してる。彼らが許す時が来れば喜んで話すよ。

この件について話せない、としか話せない。そうきたら、やっぱり出演すると考えちゃいますよね!

もしフランク・オズが関わっていないとすれば、わざわざ出演する/しないにかかわらず、ディズニーがこれまでのスター・ウォーズシリーズ関係者全員にも口止めをしているのでしょうか? シリーズが大きくなるに従い、作品内容が事前にもれないようにするために……と考えているとしても、わざわざここまでするのでしょうか?

一方で、「家族みたいなもの」という言い回しもなんだか気になります。もしかしたらディズニーやルーカスフィルムではなく、家族や家族のように親しい周りの人々に(出演しようがしまいが)何も言わないよう言われているのでしょうか?

ニューヨーダが登場するとすれば、(『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で死んでいるため)昔の回想シーンか、霊体としての登場と思われます。ヨーダは名言も多い人気のキャラクターなだけに、ファンとしてはぜひとも再登場してほしいですし、登場するのであれば、やっぱりフランク・オズの声なのが理想。果たしてどうなるのでしょうか? 続報に期待です。
もっと読む
・「フォースの覚醒」公開されてから盛り上がってきたフィンランド、その理由とは
・みんな大好きヨーダ先生が、ついにレゲエのサウンド・システムでマイクを握ったようです


image: © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved via io9
source: Variety via Making Star Wars via io9

(abcxyz)