写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロは3月14日、路線内のセキュリティ向上に向け、2018年度以降、全車両にセキュリティカメラを設置していくと発表した。

吊り革の盗難や座席シートのいたずら、迷惑行為などの車内での犯罪行為が度々発生していることや、テロ対策などのさらなるセキュリティ向上の必要性から、セキュリティカメラの設置することにしたとしている。

設置位置は各車両の乗降ドアの上部とし、車内全体が見渡せるようにする。

録画映像については、駅構内セキュリティカメラと同様に閲覧できる社員を限定し、警察や新たに相互直通運転先と連携し、目的外使用がないよう、関係法令や社内規程に従って厳重に管理するという。