写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○「分」けることで「解」る……井深大氏の実体験をもとにした、分解教室

ソニーは3月12日、東京・お台場にあるソニーの体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」にて、「第28回分解ワークショップ〜モノのしくみをしろう〜」を開催した。今回の対象は小学3年生から中学3年生までの児童・生徒とその保護者で、事前申込で約10倍の抽選倍率という人気だ。

このワークショップは、ソニーのCSR活動「ソニー・サイエンスプログラム」の一環として行われている。ソニー創業者の一人である井深大氏(故人)が、「柱時計を分解することでモノの仕組みがわかり、ワクワクを楽しんだ体験が、後日、ソニーを創業するきっかけになった」ということがベースになっているそうだ。

ソニー製品の分解ワークショップも、今回のソニー・エクスプローラサイエンスだけでなく、過去にはセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンと共同で東北地方にて開催したこともあった。

当日は、ソニーの現役エンジニア(8名)が分解博士として指導しながら、ソニー製品を分解。さらにミニ解説やクイズを行った。

6つのテーブルに4組ずつ分かれ、あらかじめ用意されているソニー製品を分解していく。分解するソニー製品はすべて完動品だ。今回は、PSP、ハンディカム、CyberShotと、小型でそれなりのお値段のものが多く用意されていた。こんな催しが子供のときにあったら、親に応募してくれと懇願しただろうし、取材で見ているだけでも心が躍る。

(小林哲雄)