【詳細】映画「グレートウォール」予告編はこちら

チャン・イーモウとマット・デイモンのタッグで贈る映画「グレートウォール」が4月14日より公開される。

建造に約1700年、長さ21196.18キロメートルを誇る、人類史上最大の建造物「万里の長城」。この長城はこれまで貿易の拠点としてだけでなく、異民族の侵攻など多くの危機を防いできたが、その建造の“目的”については、史実とともに数々の伝説も伝えられてきた。そして、世界最大の偉業である万里の長城を舞台にした伝説の戦いが、ハリウッドの最新技術を駆使した映像で表現され、アクション超大作としてついにスクリーンで描かれる。

監督は「HERO」(2002年)、「LOVERS」(2004年)でアクションに洗練されたビジュアルスタイルを取り入れたことで数々の賞を受賞しただけでなく、2008年の北京オリンピック開会式の演出で世界的な称賛を受けた巨匠チャン・イーモウ。さらに「ジェイソン・ボーン」シリーズのマット・デイモンという豪華スターが主演を務め、2014年にハリウッド映画賞国際賞を受賞した女優ジン・ティエン、アジアを代表する俳優アンディ・ラウなど、世界を代表する豪華キャストが集結する。

そしてこのたび、本作でマット・デイモンと共に戦う若き戦士ポン・ヨン役に大抜擢されたルハン(元EXO)の場面写真が一挙解禁。あわせて、マットを驚愕させた撮影裏のルハンの衝撃のエピソードも公開された。

中国で生まれ育ち、2008年に韓国留学した際に声をかけられたことをきっかけに芸能界入りしたルハンは、2012年にEXO・EXO-Mのメンバーとしてデビュー。男性とは思えないほどのキュートなルックスと笑顔の絶えない天真爛漫な性格で、韓国や中国だけでなく日本を含めたアジア全域でその人気は急上昇した。

現在は、EXO・EXO-Mから脱退し、中国を拠点にソロや俳優として活躍するルハンだが、その成長は目まぐるしく、最近では新作デジタルミニアルバム『Xplore』のジャケット撮影を人気写真家の蜷川実花が担当したことで日本でも話題になった。

ルハン演じるポンは、戦闘中にピンチにさいなまれるものの、マット演じるウィリアムに間一髪で命を救われたことをきっかけに、ウィリアムを命の恩人として慕うようになり、その後戦いを重ねていくにつれて、たくましく成長していく。

今回解禁された場面写真では、そんなポンが凛々しい面持ちで盾と槍を構える姿や、戦闘中の苦しそうな姿、そして遠くを見つめ黄昏る姿が確認できるが、アイドルのルハンとはひと味違い、ひとりの俳優として役に入りこんだ様子が垣間見られ、ハリウッドであらたに見せるルハンの新境地にますます期待の高まる写真となっている。

一方、撮影裏のメイキング写真では、ハリウッドの巨匠イーモウ監督と笑顔で過ごす一面も。慣れないハリウッドの撮影現場でも持ち前の明るさで楽しむルハンの人柄を感じさせる1枚となっている。

今回初めてルハンと共演したマットは「彼のクランクインの前夜に、ファンから400以上のお祝いの花が届いたんだ。ホテルのロビーを完全に埋めつくしていたよ。彼が移動に使う飛行機や列車のチケットはどうやらファンが買い占めているようだった。ビックリしたよ」とアイドルとしてのルハンの人気の高さに驚いた様子で語り、続けて「ルハンが超人気スターだと聞いていなかったら、彼の振る舞いを見ただけでは気づかなかったと思う。浮ついたところがない堅実な青年なんだ」とその人気の高さに称賛のコメントを送るだけでなく、人柄のよさをも大絶賛。

マットとルハンが戦いを通じ、どのような関係を築くのか? 勇敢な戦士たちによる戦いの行方はどうなるのか? マット×ルハンという異色のスター共演から目が離せない。



映画情報



「グレートウォール」

4月14日(金)全国ロードショー

監督:チャン・イーモウ

キャスト:マット・デイモン、ペドロ・パスカル、ウィレム・デフォー、ジン・ティエン、アンディ・ラウ ほか

配給:東宝東和

(C) Universal Pictures

映画「グレートウォール」作品サイト

http://greatwall-movie.jp/