インスタント麺で簡単にできる!?自宅で激ウマ油そばを作ってみた!

写真拡大

近頃、ラーメン屋のメニューに「油そば」が載っていることが多くなってきた気がしませんか? 油そばの専門店もチラホラ見かけるようになりました。油そばとは、簡単にいうとスープのないラーメン。ドンブリの底に入ったしょうゆやごま油などの調味料と麺を混ぜて食べるラーメンで、「スープがないため、その分カロリーが抑えられてヘルシー」だと表記する店も…。そんな、今人気の油そば、自宅でも簡単に作れちゃうんです。

とっても簡単♪ インスタント麺de油そば

コンビニやスーパーで売っている袋に入ったインスタント麺で、自宅でも簡単に油そばを作ることができます。早速作って食べてみました♪ レシピは下記の通り。

◇材料

・袋タイプのインスタント麺(しょうゆ味) 1袋

・半熟玉子 1個

・チャーシュー 適量

・ネギ 適量

■調味料

・付属のスープの素 半分

・ラー油 小さじ1/2

・ゴマ油 小さじ1/2

・しょうゆ 小さじ1/2

・にんにくチューブ 少々

◇作り方

1)インスタント麺を指定の時間通りに茹でる

2)茹でている間に■調味料をドンブリのなかに入れて混ぜておく

3)1をザルでよく湯切りし、2のなかにいれてしっかり混ぜる

4)器に盛り付け半熟玉子・ネギ・チャーシューをトッピングして完成!

あっという間に自宅で油そばが出来上がり♪ 

生卵を使いたい場合は卵黄のみの方が、スープが薄まらずオススメ。今回は半熟玉子、ネギ、チャーシューを使いましたが、お好みで色んな具材をトッピングしてみると楽しいかもしれませんよ。味が薄いと感じた場合は、付属のスープの素を足したり、ラー油やしょうゆ、酢を足したりして自由に調節が可能。

実際に食べてみると、ラーメン屋の油そばの味…とまではいかないものの、かなりおいしい。調味料にごま油やラー油、にんにくチューブを使うことにより、一般的な食べ方のインスタント麺よりも味にインパクトがあり、上述で書いた通り、味も自由に濃くできるので、自分好みの特製油そばを作ることができます。ひとつ残念だったのが、インスタント麺独特の「ヌメり」。そのヌメりがなかったらさらにおいしかったはず。あと、麺を茹ですぎてしまうと、コシが失われてしまうので、茹で時間には気を付けた方がよさそう。

上述のレシピの味付けでおいしく頂けたら、スープの素を半分しか使っていないことになるので、少しですがカロリーオフが期待できるかも…。かといってトッピングにカロリーが高いものを使っては元も子もないので、カロリーを気にしている人はチャーシューを使わない方が無難です。

特別な調理を一切せずに、簡単に作ることができる自家製油そば。一般的なインスタント麺の食べ方に飽きてきたら、ぜひこの食べ方を試してみて。普段と同じインスタント麺を使っても味がガラッと変わるので、飽きずに食べられますよ♪

(文・山本健太郎/考務店)