健康アプリは日々の記録付で挫折することが多いが

写真拡大

スマートフォン(スマホ)アプリに特化したヘルスケア事業を手掛けるFiNC(東京都千代田区)は、先行ダウンロードしたユーザー限定で公開していたパーソナルコーチAIアプリ「FiNC」の本サービスを開始し、2017年3月6日より一般公開している。

同社のプレスリリースによると、「FiNC」はAI(人工知能)を搭載しており、毎日の食事や睡眠、運動のデータをもとに、ユーザーにあった美容や健康のアドバイスを会話形式で伝える。アプリをダウンロードし、スマホを持ち歩くだけで毎日の歩数が貯まり、体重や食事内容、睡眠時間といったライフログの入力はAIがサポートするので、手動入力の手間が省ける。

著名なモデルやアスリート、トレーナー、栄養士といった専門家が発信するレシピ・フィットネスなどの動画コンテンツが閲覧できるほか、20万件の食品データベースや運動プログラムから、AIがユーザーの興味や悩みにあったメニューを提案するという。

対応OS(基本ソフト)はiOSとアンドロイドで、料金は無料。