マツダはアメリカで、新型「CX-5」の発表の場において、同社の車両が近くAppleのCarPlayおよびAndroid Autoに対応することを明らかにしました。

旧モデルも「最低限のハードウェア」追加で対応

マツダは2014年に、同社のインフォテインメントシステム「マツダコネクト」経由でのCarPlayとAndroid Autoへの対応を表明しているものの、実現には至っていませんでした。
 
米メディアCars.comによれば、マツダの広報担当者は、マツダの新車はもちろん以前のモデルについても、マツダコネクト搭載車であれば「最低限のハードウェアを追加するのみで」CarPlay、Android Autoを利用可能になる、と述べたとのことです。
 
ただしマツダはその追加が必要なハードウェアがいつ発売されるのか、いくらになるのかといった情報は公開していません。またCarPlay、Android Autoに最初に対応するのが新型CX-5なのかどうかも、明言しませんでした。

自動車メーカー、次々にCarPlayに対応

このところ、自動車メーカーのCarPlay対応発表が相次いでいます。ホンダがクラリティでの対応を発表したほか、ルノー、ポルシェも対応を明らかにしています。
 
 
Source:Cars.com via 9to5Mac
Photo:Facebook(マツダ)
(lunatic)