G大阪、GK東口の左頬骨骨折を発表 完封勝利のFC東京戦途中に負傷

写真拡大

 ガンバ大阪は14日、日本代表GK東口順昭が左頬骨を骨折したことを発表した。

 クラブ公式サイトの情報によると、東口は11日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第3節FC東京戦で負傷したという。左頬骨骨折と診断されたが、そのほかの詳細については明かされていない。

 東口はFC東京戦で3−0の勝利に貢献。後半のPKストップを含め、相手攻撃陣のシュートをことごとく防ぎ、チームを2連勝に導いていた。同選手は自身のブログにおいて、「調子が良かっただけに今回のケガは悔しいけど、また戦える体に戻すのがベストだと思いました」とコメントしている。