EXOのD.O.主演映画「あの日、兄貴が灯した光」日本公開日決定&場面写真一挙解禁!

写真拡大

EXOのD.O.&実力派俳優チョ・ジョンソク共演の話題作「あの日、兄貴が灯した光」(原題「兄貴」) が5月19日よりTOHOシネマズ新宿ほか、全国順次公開決定! あわせて日本版ポスタービジュアルと、場面写真が一挙解禁となった。

国家代表の柔道選手としてオリンピックを目指す弟と、詐欺前科10犯で服役中の兄。奇しくも弟が夢を失うことで15年ぶりの再会を果たした兄弟の間には、決して打ち解けられない秘密があった…。

本作は互いに再会を望んでいなかった、他人よりも遠い存在の兄弟が、憎しみ合いながらも徐々に心を通わせていく、兄弟の絆を描いた物語。

柔道一筋で真面目な性格の弟ドゥヨンに、EXOのメインボーカルでありながら「明日へ」、「純情」などスクリーンでも活躍し続けるD.O.。本作では主演を務め、視力を失い挫折する青年といった難しい役どころを繊細に演じ、俳優として今まで以上に成熟した演技を見せる。そして、詐欺師として生きてきて、弟の金さえ騙し取ろうとするチンピラ兄貴ドゥシクには「建築学概論」などで幅広い演技力を見せ、いまや韓国で最も注目される俳優チョ・ジョンソク。

また、失明したドゥヨンを支える柔道コーチを「7番房の奇跡」やドラマ「ピノキオ」などで20代最高の女優に選ばれるパク・シネが演じ、物語により一層深みを与えている。

今回解禁となった日本版ポスターには、D.O.演じる弟と、チョ・ジョンソク演じる兄が少しぎこちなく並んで座る場面に「アニキがいれば、もういちど笑える気がする―」というコピーが配されている。

一挙解禁された場面写真からも、兄弟のいろいろな表情を垣間見ることができる。視力と夢を失い自暴自棄になる弟に、チンピラな兄がどう接していくのか…韓国で1000万人以上を動員した「7番房の奇跡」の脚本家が紡ぎ出す、最悪の再会から始まる兄弟二人の再生の物語に、今から期待が高まる。

■上演情報
「あの日、兄貴が灯した光」(原題「兄貴」)
5月19日(金) TOHOシネマズ新宿ほか 全国順次公開

監督:クォン・スギョン「裸足のギボン」
脚本:ユ・ヨンア「7番房の奇跡」
(c)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
出演:チョ・ジョンソク「建築学概論」、D.O.(EXO)「純情」、パク・シネ「7番房の奇跡」
配給:CJ Entertainment Japan

■関連サイト
公式サイト:http://aniki-themovie.jp/