米週刊誌USニューズ&ワールド・レポートが発表した「世界最高の国」ランキングによると、世界で最も素晴らしい国はもはやドイツではなく、中立国として有名なスイスだった。

写真拡大

米週刊誌USニューズ&ワールド・レポートが発表した「世界最高の国」ランキングによると、世界で最も素晴らしい国はもはやドイツではなく、中立国として有名なスイスだった。中国は総合順位ではやや後退したものの、「実力」「創業環境」「国際影響力」の面では目覚ましい力を発揮した。独ドイチェ・ヴェレ(電子版)の報道を引用して参考消息網が伝えた。

中国は2017年最新ランキングで総合20位と、前年の17位から3つ後退した。2016年に4位だった米国も2017年は7位に後退。このほか、トップ10入りした国は、日本(5位)、スウェーデン(6位)、オーストラリア(8位)、フランス(9位)、ノルウェー(10位)となっている。

世界各国のランキング評価のために、「USニューズ&ワールド・レポート」誌が定めた指標およびその比率は、「冒険(3.24%)」、「市民権(16.95%)」、「文化的影響力(12.93%)」、「企業家精神(17.42%)」、「遺産(3.17%)」、「原動力(10%)」、「商業開放度(11.99%)」、「実力(7.42%)」、「生活の質(16.89%)」だった。

今年度の総合力ランキングで首位に立ったスイスがずば抜けていた指標は、「市民権(10点満点中9.6点)」、「商業開放度(9.7点)」、「生活の質(9.2点)」だった。「USニューズ&ワールド・レポート」によるその他のランキングでは、スイスは「企業機関本部所在地として世界最高の国」ランキングでも首位だった。この背景には、永世中立国であったスイスには、過去2回の世界大戦中に駐屯軍営所在地となることがなかったため、国際赤十字会や国連など主要国際機関が本部をスイス国内に設けた経緯がある。

アジア諸国では、20位の中国は、シンガポール(15位)と日本(5位)に後れを取ったが、韓国(23位)、インド(25位)、タイ(26位)、ロシア(27位)を上回った。指標別に見ると、中国が最も高得点だったのは「実力(10点満点中9.1点)」で、「原動力(7.6点)」と「企業化精神(6.8点)」がこれに続いた。

「USニューズ&ワールド・レポート」は、中国について、「中国は世界最古の文明を擁している。改革開放政策の推進に踏み切って以来、中国はずっと、中国で成長スピード最も速い主要経済体のひとつであり続けてきた。中国は今や、米国に次ぐ世界第2の経済大国となった。だが、急成長と同時に、自然資源と人口成長とのバランスに関する問題や収入格差の絶え間ない拡大などのさまざまな課題も中国にもたらされた。また、全国規模で急増している汚染問題も、中国が取り組むべき主要課題となっている」とコメントしている。

「実力」という一指標について見ると、中国は、米国とロシアに続き世界3位。USニューズ&ワールド・レポートによる他の各種ランキングにおいて、中国は「最高の創業国」ランキングで最も評価が高く、世界2位。「最も影響力ある国家」では世界3位だった。このほか、中国のランキングが最も低かったのは、「退職者が最も住みやすい国(53位)」と「一人旅がしやすい国(52位)」だった。「女性が最も生活しやすい国」ランキングでは、中国は24位で、首位はスウェーデン、2位はデンマーク、ドイツは11位だった。(提供/人民網日本語版・編集/KM)