スウェーデンのストックホルム郊外にある家具販売大手イケアの欧州最大店舗(2016年3月30日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】セルビアに進出したスウェーデンの家具販売大手イケア(IKEA)は13日、年内にオープン予定の1号店で250人の求人募集をかけたところ1万8000人近い応募があったと明らかにした。

 ベルガ(Belga)通信によると、セルビアの首都ベオグラード(Belgrade)郊外に建設中の大型店舗の求人に計1万7775人の応募があった。応募者の大半は通勤時間が短いベオグラード周辺の住民だった。

 夏までの開店を目指すこの1号店にイケアは7000万ユーロ(約86億円)を投資。この他さらに4か所で出店を計画している。

 イケアは旧ユーゴスラビア崩壊前夜、連邦の首都だったベオグラードに出店したが、1990年代初頭にユーゴスラビア内戦が勃発し、短期間で撤退していた。
【翻訳編集】AFPBB News