十両にも面白い力士はたくさんいる

写真拡大

 一年に一度、大阪で開催される春場所は番付上位が負ける波乱の結果が多く「荒れる春場所」と呼ばれる。横綱など幕内力士に注目が集まることが普段は多いが、新横綱・稀勢の里と同じくどんな相手にも全力でぶつかっていく注目の力士は十両にも大勢いる。荒れる春場所の台風の目となるかもしれない、期待の十両を紹介する。

●「怪物馬力」小柳
(おやなぎ、十両4枚目、時津風部屋)
 入門時から関取と互角に稽古し、昨年11月の新十両場所では小柳見たさに横綱、大関陣が出稽古に来たほど。突き押しが得意で、師匠も「(部屋の先輩の)正代より馬力がある」と評価。本人は「(※超ネガティブ発言で知られる)正代関よりはポジティブだと思う」と語る。

●「新生ソルトシェイカー」旭日松
(あさひしょう、十両13枚目、友綱部屋)
 2012年5月場所、初日から10連敗した際に「塩を豪快に撒けば相手が怯むかもしれない」と考え、翌日から制限時間いっぱいで大量の塩撒きを行なうようになった。仕切り線付近に塩が集中するために自分が撒いた塩で滑って負けたことも。

●「右四つの豪腕」大奄美
(おおあまみ、十両9枚目、追手風部屋)
 日大出身の元実業団横綱で「遠藤の後継者」の声も。幕下15枚目格付け出しから、6場所連続勝ち越しで十両に。右差し手を返して左上手を引き付け、胸を合わせれば無類の強さを発揮する。右四つからの寄りは最強。

●「土俵のハプニング王」山口
(やまぐち、十両6枚目、宮城野部屋)
 アマ19冠の大器だが、新十両初日に力水を吐かずに飲んでしまったり、土俵入りで降りる場所を間違えたりする「天然キャラ」。立ち合い前の気合いの声が大きすぎて審判部に注意されたことも。白鵬の内弟子第1号。

※週刊ポスト2017年3月24・31日号