オランダの極右政党、自由党のヘルト・ウィルダース党首(左)と、与党の自由民主党を率いるマルク・ルッテ首相(右)のコンボ写真(2017年3月13日作成)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】総選挙まで2日となったオランダで13日、与党・自由民主党(VVD)を率いるマルク・ルッテ(Mark Rutte)首相と、極右・自由党(PVV)のヘルト・ウィルダース(Geert Wilders)党首によるテレビ討論が行われ、対立するトルコとの外交関係など両者が全く異なる展望をぶつけ合う激論となった。

 オランダ政府がトルコ閣僚の入国を拒否した問題で、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領がオランダを痛烈に非難したことは、反イスラムを掲げ移民に対して強硬な立場を取るウィルダース氏にとって選挙戦での追い風となっている。

 15日の総選挙を前に一対一の形式で行われた30分間の討論で、ウィルダース氏は怒りを爆発させながらルッテ首相に「あなたはエルドアンの人質だ」と批判し、「オランダ国境を閉鎖しろ」と迫った。

 これに対しルッテ氏は「それ(国境閉鎖)は、見せかけの解決策でしかない」と反撃。「ブレグジット(Brexit、英国のEU離脱)」にオランダの英語名ネザーランドをかけ、「あなたが求めているものは、ネグジット(Nexit)だ。オランダの欧州連合(EU)からの離脱だ。それが、どれほどの代償を要するか分かっているはずだ。やめろ」と警告した。

 自分の使命はオランダの「イスラム化」への対抗だと主張するウィルダース氏は、イスラム教徒の移民の受け入れ停止、モスクの閉鎖、コーランの販売禁止を公約として掲げ、さらに英国に続き、オランダが創設から関わったEUからの離脱を求めている。

 15日の下院選は定数150議席をめぐって争われる。世論調査によると、選挙結果は僅差ながらもVVDがかろうじて第一党に返り咲くと予想されている。

 今年総選挙が予定されているフランス、ドイツと同様、今回のオランダの総選挙は、欧州に極右政党やポピュリズム(大衆迎合主義)政党が台頭する可能性の前兆として、高い注目を集めている。

 ルッテ首相はテレビ討論の前に記者団に対し「オランダをポピュリズムのような誤った傾向を断ち切る最初の国にしたい」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News