中古車セールスマン役のボビー・カナヴェイル
 - Ilya S. Savenok / Getty Images

写真拡大

 人気テレビドラマ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」の第3シーズンに、映画『アントマン』でパクストンを演じ、「ナース・ジャッキー」「VINYL -ヴァイナル- Sex,Drugs,Rock'n'Roll&NY」で知られる俳優のボビー・カナヴェイルがキャスティングされた。

 レギュラーになるというボビーは、簡潔で真面目な中古車セールスマン、アーヴィンを演じるそう。このほかにも、ハッカーのホワイトローズとして第1シーズンからゲスト出演していたB・D・ウォンがレギュラーに昇格する。

 撮影は4月からニューヨークでスタートする予定で、クリエイターのサム・エスメイルが全10エピソードの監督を務める。新シーズンのストーリーは第2シーズンの終わりから続く形で、それぞれのキャラクターの動機とエリオット(ラミ・マレック)とミスター・ロボット(クリスチャン・スレイター)の関係が崩壊していく様子が描かれていく。

 サムはパイロット版を売り込んだときから終わり方まで思い描いているそうで、このシリーズは続いても5シーズンまでで、だらだらと長引かせるつもりはないと以前にコメントしている。(澤田理沙)