XOX

写真拡大

 XOXが、5月24日にニューシングル『High School Boo!』をリリースする。

(関連記事:XOX × TeddyLoidによる“音楽的冒険” 新世代ボーイズ・グループは世界のトレンドとどう共振?

 表題曲のタイトルにも入っている“Boo”という単語は、彼氏、彼女、恋人を意味するスラングで、昨今の欧米のR&Bシーンのトレンドでもあるファンク・サウンドを大きくフィーチャー。かつてジャスティン・ティンバーレイクと共に男性ポップR&Bグループ、イン・シンクのリード・シンガーを務め作曲家やプロデューサーとしても知られるJCが日本のアーティストに初めて書き下ろした楽曲で、LA発、日本経由な最新型グルーヴが心地よいダンス・チューンとなっているという。

 初回生産限定盤Aおよび通常盤に収録されるカップリング「SNOW WHITE」は、2016年末に行われたZepp DiverCityのワンマンライブで初披露したg楽曲。映画のような恋を夢みるティーンネイジャーの青春を描き出したピュアなラブ・ソングとなっている。一方、初回生産限定盤Bにカップリングとして収録されるのは、ハート・ウォーミングな歌詞で、ライブでもお馴染のミディアム・チューン「Good Night」。メンバーのとまんが作詞に携わっている。さらに、初回生産限定盤AのDVDには『High School Boo!』のMVと、XOX史上初となるMVメイキング映像が収録。

 あわせてリリースイベントも一部明らかになり、各地のライブで『High School Boo!』予約&特典会が開催されることも決定した。(リアルサウンド編集部)