写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●WDLC、「MyFirst PC はじめてのマイパソコン」
WDLC(Windowsデジタルライフスタイルコンソーシアム)は3月13日、「MyFirst PC はじめてのマイパソコン」と題し、子どもの可能性を最大に引き出すためのPC利用について考えるシンポジウムを開催した。政府が教育のICT利用拡大に向けて積極的に動く中、家庭ではどのような方針をとるべきだろうか。

○PCを使って学びをサポート

冒頭では、日本マイクロソフト 執行役員常務コンシューマー&パートナーグループ担当で、WDLCの理事長でもある高橋美波氏が登壇。

WDLCは2007年に設立された業界団体であり、メーカーや量販店、SIerなど113社が協賛している。子どもが自分専用PCを持つことで、学習結果などにいい影響を与えているという調査結果をもとに、昨年(2016年)からPCと学びの関係を紹介する「My First PC」キャンペーンを実施していることを紹介した。

今回のシンポジウムは、子どもを持つ母親を対象に、子どもの学びについて考える場を設けるといった目的で開催されている。

高橋氏は、日本は他の先進国と比べて、子どもが自分自身のPCを持っている率が非常に低いことを紹介。総務省や文部科学省がICT教育に注力していることに歩調を合わせる形で、イベント実施によるPC体験機会の提供や、子どもがネット上で被害に遭わないよう、ファミリー機能の紹介といった活動を行っていると紹介した。

○ワークショップでプログラミング体験も

続いて、NPO法人CANVASの理事長であり、デジタル絵本 代表取締役、慶應義塾大学准教授の石戸奈々子氏が登壇。CANVASは子どもへのPC教育を推進する団体であり、各地で子ども向けのプログラミングワークショップを開催するなどの活動を行っている。

現場からの声として、教材の不足を訴える声が大きいとしたほか、カリキュラムや人材不足、情報共有などの課題を挙げ、機材不足についてはWDLCの中核企業であるマイクロソフトの支援が得られたことが大きかったと述べていた。

プログラミング教育のイメージとして、子役として活躍するタレントの谷花音さんが登場。実際にCherrybitを使ったプログラミング体験を行うセッションが行われた。

●子どもの脳への影響が大きいのは、母親? 父親?
○子どもの脳への影響は母親の影響が大!?

最後に、脳学者で東日本国際大学教授・横浜市立大学客員准教授の中野信子氏が「脳学者から見た子どもの能力の引き出し方」と題した講演を実施。昨今話題になっている人工知能の進化によるシンギュラリティが到来した場合、人間に求められるのは人工知能が持てない「問題解決力」ではないかと問いかける。

6歳未満でPCを所有していた場合と、13歳以上で所有し始めた場合では、早い段階でPCを所有していたほうが、さまざまなジャンルの試験で優れた結果を出しているという調査結果を紹介。子どもの脳の成長に、PCが相応の影響力を果たしているのではないかとした。

いわゆる「頭の良さ」に関して、遺伝の影響と環境の影響のどちらが大きいかについても触れた。遺伝の影響はあるものの、頭が悪いマウスを人工的に作って行ったテストでは、広い場所でのびのびと育てたマウスが、狭いケージで育ったマウスよりも能力が高かったことを挙げ、子どもの成長する環境も大きな要因であることを示す。特に、問題解決力を司る脳の前頭前野の成長は21歳ごろに臨界期を迎えるため、10代のうちに多く刺激を与えることが重要であると指摘した。

また、親の経験(成長した環境)が子どもの能力に遺伝することがわかっているが、父親の経験は遺伝せず、母親の経験のみが影響しているという発言には、今回集まった方々がお母さん中心だっただけに、会場中が思わず大きくどよめいていたのが印象深かった。

最近の子どもはスマートフォンやタブレットの利用が多く、大学生くらいになってもPCの使い方を知らないというケースも増えているようだが、ビジネスツールやクリエイティブな用途においては、いまだPCに一日の長がある。将来は今よりも、ITへの理解と習熟が求められる時代になる。その時代を生きる子どもたちの基礎教養として、子どもの頃からPCに触れる意義は大きいのではないだろうか。

学校なども設備を強化しているが、予算の都合などもあり、まだまだ一人に一台という体制にはなっていない。PCの価格も随分下落していることでもあり、頃合いを見て子ども一人一人にPCを与えることも考えてみてはいかがだろうか。

(海老原昭)