5大会ぶり9回目の出場を決めた日本はポット2に入る

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)が、U-20W杯抽選会のポット分けを発表した。組み合わせ抽選会は15日に水原で行われる。

 5月20日に開幕する本大会は24か国が6グループに分かれて、グループリーグが行われる。すでに開催国の韓国はポット1でグループAに入ることが決定。昨年10月に開催されたAFC U-19選手権決勝でサウジアラビアにPK戦の末に勝利し、悲願の初優勝を果たし、5大会ぶり9回目の出場を決めた日本はポット2に入る。

 なお、抽選会にはアルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏とパブロ・アイマール氏が出席する。

 以下、ポット分け

▽ポット1

韓国(開催国)

ポルトガル(欧州3位)

ウルグアイ(南米1位)

フランス(欧州1位)

アメリカ(北中米1位)

ドイツ(欧州5位)

▽ポット2

メキシコ(北中米3位)

アルゼンチン(南米4位)

ニュージランド(オセアニア1位)

セネガル(アフリカ2位)

日本(アジア1位)

コスタリカ(北中米3位)

▽ポット3

ザンビア(アフリカ1位)

ホンジュラス(北中米2位)

イングランド(欧州3位)

サウジアラビア(アジア2位)

イタリア(欧州2位)

ベネズエラ(南米3位)

▽ポット4

エクアドル(南米2位)

南アフリカ(アフリカ4位)

イラン(アジア3位)

ベトナム(アジア3位)

ギニア(アフリカ3位)

バヌアツ(オセアニア2位)


●U-20W杯韓国2017特集ページ