April、デビュー後初の単独リアリティ番組「エIFリル」に出演

写真拡大

ガールズグループAprilがデビュー後初の単独リアリティ番組に出演すると、所属事務所DSPメディアが本日(14日) 明かした。

韓国で4月4日から放送スタートするMnet「エIFリル」は、Aprilが国民のガールズグループとして成長するための、“セルフ認知度アップ”プロジェクトを盛り込んだ計5部作の番組だ。

Aprilが毎回、与えられる設定及び状況に応じて様々なミッションを遂行し、解決していく“新概念ミッションリアリティ”だ。

MnetのデジタルチャンネルであるM2が制作を担当しただけに、デジタルと放送を積極的に連携させ「各回を“デジタルコンテンツ”と“放送リアリティ”の2つのバージョンで楽しむことができる」と所属事務所が説明した。

「エIFリル」デジタルクリップは毎週月曜日の午後、M2チャンネルを通じて公開され、公開したデジタルクリップを集めて完成した約1時間のフルバージョンは、毎週火曜日にMnetを通じて放送される。

Aprilのメンバーたちは、番組撮影及びミッション遂行現場をリアルタイムで「エIFリル」の公式SNSアカウントに掲載するなど、放送を含めて多様なプラットフォーム及びチャンネルを通じて「エIFリル」の予告映像が公開され、番組のベールを脱ぐ予定だ。

Aprilはカムバックを控え、新曲作業及び練習に励んでいる。

「エIFリル」は28日、M2チャンネルを通じてデジタル制作発表会を行う予定であり、4月3日にデジタルコンテンツを最初に公開し、4月4日の午後7時にテレビを通じて初放送される予定だ。