「iPhone8」の新作コンセプトデザイン動画を、YouTubeチャンネルConceptsiPhoneが公開しました。「Air Charger」と名付けられたワイヤレス充電器や、指を近づけるだけで操作可能なスクリーンが特徴です。

指を近づけるだけで操作可能、3D画像認識用のフロントデュアルカメラ

初代iPhoneから10周年記念のプレミアムモデル「iPhone8」のコンセプトデザインを制作したアーサー・ルイス氏は、金属フレームをガラスで挟み込んだiPhone4のデザインに触発された、と述べています。
 
ボディカラーはシンプルにホワイトとブラックの2色です。
 
iPhone8 コンセプトデザイン
 
画面縁のベゼルが極限まで細くなり、本体前面を覆ったディスプレイは、指を近づけるだけで画面が点灯しコントロールセンターを操作できる「ホバー・センシティブ・スクリーン」を採用しています。
 
iPhone8 コンセプトデザイン
 
ディスプレイ上部には、2つのフロントカメラが搭載され、3D画像認識や虹彩認証が可能です。なお、Appleは「iPhone8」で3D画像認識技術を使った虹彩認証や顔認証を採用すると予測されています。
 
iPhone8 コンセプトデザイン
 
本体天面にもスピーカーが設けられ、iPhone7/7 Plusのステレオスピーカーよりも音質が向上しています。
 
iPhone8 コンセプトデザイン
 
本体前面をすべてディスプレイにすることで、迫力ある映像も楽しめます。
 
iPhone8 コンセプトデザイン

「Air Charger」でワイヤレス充電!

「Air Charger」と名付けられたワイヤレス充電器により、有効範囲内にiPhoneがあれば、ケーブルへの接続や専用マット不要で充電が可能となっています。
 
iPhone8 コンセプトデザイン
 
Appleはワイヤレス充電規格「Qi」を推進する業界団体に加盟したことが明らかになっていますが、今後のiPhoneには「Air Charger」のように距離が離れていても充電可能な方式も検討されている、との報道もあります。

 
iPhone8 コンセプトデザイン
 
「iPhone8」のコンセプトデザイン動画は、こちらからご覧ください。(1分50秒あたりから約30秒間、広告が入り、続きが再生されます)
 

 
 
Source:YouTube
(hato)