土星探査機カッシーニが撮影した土星の衛星「ミマス」と巨大クレーター「ハーシェル」(2017年3月13日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】土星探査機「カッシーニ(Cassini)」が捉えた土星の衛星「ミマス(Mimas)」。右側には巨大クレーター「ハーシェル」が見える。画像は2016年11月19日、カッシーニ(Cassini)に搭載の狭角カメラを使い約8万5000キロメートルの距離で可視光撮影された。
【翻訳編集】AFPBB News