「内省的なボス」ヨン・ウジン、パク・ヘスの前で涙

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「内省的なボス」のヨン・ウジンが、ハン・チェアが自身のことが好きだったと知り、パク・ヘスの前で涙を流した。

13日に韓国で放送されたtvN「内省的なボス」第15話で、ウン・ファンギ(ヨン・ウジン) はチェ・ロウン(パク・ヘス) を抱きしめて、「なぜ僕たちが一緒にいてはいけない理由がどんどん増えるんだろう」と話した。

3年前、チェ・ロウンの姉チェ・ジヘ(ハン・チェア) はカン・ウイル(ユン・バク) ではなくウン・ファンギが好きだったのだ。しかし、カン・ウイルと過ちを犯し、そのためウン・ファンギに対する罪悪感のため自殺を選んだ彼女だった。

これを知ったチェ・ロウンは「お姉さんが描いた絵の持ち主は、カン代表ではなくボスだった。ボスがいつも見ている窓の外。貰っておいて下さい。やっと絵が本来の持ち主に戻ったみたいですね」とし、ウン・ファンギは涙を流した。